top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

波瑠“小梅”、勉強熱心な間宮祥太朗“玄之介”にときめく!?

TVerプラス

×

波瑠が主演を務め、間宮祥太朗と共演するドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第5話が、8月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(波瑠)と、「まるふく工務店」の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファーザー・福山玄之介(間宮)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

先週放送された第4話では、小山田真理(渡辺真起子)が自宅の外壁リフォームを突然キャンセルしたいと「まるふく工務店」に申し出る。その理由は、義理の姉・保科千恵子(浅野ゆう子)から、「この家は家相が良くない。主に災いをもたらす相だ」と忠告されたからだった。そんな中、「まるふく工務店」に、小梅の元カレである久保寺彰(金子大地)の元カノ・五十嵐桜子(北香那)がやってきて……。

<第5話あらすじ>
福山玄之介(間宮)のもとに、元妻・雪乃と駆け落ちした弟の寅之介から一通のメールが届く。玄之介を裏切った罪悪感からか、雪乃の精神状態が不安定だという。あまりにぶしつけな内容に無視を決め込む玄之介だったが、やがて寅之介は会って話したいと言い出す。

時を同じくして「まるふく工務店」には、70歳で一人暮らしの鎌田武彦(岩松了)から、防犯リフォームの依頼が入る。数日前、侵入した泥棒を追い払った武勇伝を喜々として話す鎌田に対し、玄之介は鍵のつけ替えや防犯ガラスへの交換など、あらゆる防犯対策を進言。すっかり営業らしくなった息子の成長に蔵之介(遠藤憲一)は喜び、玄之介が自分に追いつきたくて猛勉強していると知った真行寺小梅(波瑠)もまた、不覚にも、ほんの少しときめいてしまう。

ところが、万事うまくいっていた「まるふく工務店」に突然、寅之介がやって来る。蔵之介は激怒し、弟の竜之介(吉野北人)も不快感をあらわにするが、肝心の玄之介は妻をとられた怒りをぶつけるどころか意外な反応を見せ、そのあまりのお人よしぶりに、小梅はあきれる。

しばらくして、鎌田家の防犯リフォームが正式に決まるが、そこへ、鎌田の娘・多田深雪(村川絵梨)が乗り込んできて、契約のクーリングオフを申し出る。聞けば、家は売却し、鎌田は娘夫婦と暮らす予定だという。しかし、鎌田本人はそれを頑として受け入れず、父と娘は激しい言い争いに。するとそこへ、深雪が呼んだ不動産会社が家の査定にやって来る。しかし、玄関に立っていたのは思わぬ人物で……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル