top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

桑田真澄、清原和博のPLに7対29。元東海大山形のエースが明かす「歴史的惨敗の真相」「KKの記憶」「脅迫状…」

web Sportiva

×

 1985年夏の甲子園の抽選会。東海大山形に不穏な空気が漂っていた。

「やばいんじゃねぇの?」

 監督の滝公男が苦笑いをつくる。選手たちも同じような表情でその時を待っていた。そして嫌な予感は見事に的中した。東海大山形の初戦は大会7日目の第2試合、相手は桑田真澄、清原和博の”KKコンビ”を擁し、優勝候補の大本命に挙げられているPL学園に決まった。


1985年夏、東海大山形を3年ぶり2度目の甲子園へと導いた藤原安弘

「武田のバカ野郎!」

 クジを引いてしまったキャプテンの武田政治に非難が集中する。エースで4番、チームの大黒柱である藤原安弘もその野次に乗っていた。

広告の後にも続きます

「まさか本当に引いちゃうなんてね。最悪やった、ホンマに」

 抽選会が終わると、東洋大姫路の選手たちが声をかけてきた。兵庫県姫路市出身の藤原は、キャッチャーでキャプテンの阿山正人やセカンドの大墨弘幸ら、小学生時代から知る選手たちが多かった。

「ちょっとビビらせといてくれよ」

 威勢と冗談が入り混じったトーンで、藤原はPL学園と交流のある彼らにお願いした。本当なら自分の成長、実力を試すには最高の相手だったはずなのだが……。

山形大会で悲鳴をあげた右ヒジ

 3年生の時点で、ストレートの最速は「145キロくらいは出ていた」という。持ち球のスライダーとシュート、チェンジアップはボールに握りを変えながら、軌道を少しずつ変化させていた。当時の高校野球雑誌では、東北高校(宮城)の佐々木主浩と並ぶ東北地区の注目ピッチャーとして掲載されたこともあった。

 しかし、この抽選会の時点で藤原は145キロのストレートはおろか、投げることすら困難な状態にあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル