top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さくらしめじ、2022夏ツアー神奈川公演を開催

WWSチャンネル

×
『さくらしめじ 2022夏ツアー「僕は君で、君は僕」』神奈川公演(写真:鈴木友莉)

さくらしめじが8月14日(日)にYokohama Bay Hallにて、全国ツアー『さくらしめじ 2022夏ツアー「僕は君で、君は僕」』の神奈川公演を行った。

田中雅功と髙田彪我(※「崎」は正式には「たつさき」)からなる新世代フォークデュオ・さくらしめじは、今年4月に演劇を取り入れたワンマンライブ『春しめじのお花し 二冊目』を開催し、5月からは隔月ワンマンライブ「新種しめじの定期便」シリーズを開始。6月には結成記念ライブを行うなど、かつてないほど精力的にライブ活動を行なってきた。

【写真】2022夏ツアーがスタートしたさくらしめじ

さらに、7月22日(金)には、SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで隔月ワンマンライブの第2弾「新種しめじの定期便~7月の味覚~」を行い、7月30日(土)からは、彪我が早坂悠人役を務めた朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台となった宮城県・気仙沼公演を皮切り、全国7箇所14公演に及ぶ夏ツアー「僕は君で、君は僕」がスタートした。

本公演のオープニングを飾ったのは、2019年の夏のライブハウスツアーに向けて二人で作った「青春の唄」。ステージ上で向き合い、目を見つめあってストロークを重ねた二人は、歌とアコギに情熱を思い切りぶつけ、冒頭から観客のクラップを自然と引き出すと、恋と青春の煌めきを収めたアップテンポのナンバーを続けて会場を沸かせた。

広告の後にも続きます

8月末まで続くツアーなので詳細な内容には触れずにおくが、ライブの中盤には、中学生の頃に歌っていた「さんきゅう」や最近のライブではあまりプレイしていない「あやまリズム」「TKG」など、懐かしの楽曲を日替わりでピックアップ。また、彼らの原点とも言えるアコースティックギターの弾き語りだけでなく、ループマシンを使った演奏に加え、彪我がペンライトを折るほどの大騒ぎとなったパーティーチューンのほか、SNSで話題となった大人のラブソング「ストーリーズ」「別れた後に僕が思うこと」なども披露。雅功が「僕らの歴史、『いままで』と『今』と『これか』をこのライブで一本でわかってもらえたらと思います」と語っていたように、結成8年目にして共に二十歳を迎えた二人の『これまで』と『これから』を繋いだような、現時点でのベストとも言える内容となっていた。

MCでは、本ツアーのタイトル「僕は君で、君は僕」について、7月に配信リリースされたばかりの最新曲で、「もしもさくらしめじが解散したら?」をテーマにした音楽劇『春じめじのお花し 二冊目』で生まれた「辛夷のつぼみ」の歌詞<僕は君で/君は僕だからさ>から名付けたことを明かした。百人一首をモチーフに、切ない別れと再会への希望を込めたメッセージソングとなっているが、歌詞を手がけた雅功は「別れの曲だけど、彪我とも、きのこりあん(ファンの総称)のみんなともずっとずっと一緒にいたいという気持ちが強くなってます」と吐露。昼公演では、「このツアーを通して、この曲でだんだんとみんなの顔が浮かぶようになってきました。誰か一人でもかけたら寂しいし、一人でも多ければ多いほど、僕らのパワーになるんだなと感じています。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝え、夜公演では、「僕らはずっとマイクの前で歌ってるんで、みんながいてくれる限り、別れはないんじゃないかと思います。みなさん次第です」と呼びかけると、客席からは、彼らの気持ちがしっかりと届いてることを伝えるかのような温かく大きな拍手が湧き上がった。

5ヶ月連続でワンマンライブを行なってきている彼らは、この日の2公演を通して、数多くのステージを経験してきた自信と強さをしっかりと見せてくれた。素直でまっすぐなヴォーカルは、すっかりと逞しさを湛え、メッセージソングやエールソングにおける説得力と力強さが増した一方で、客席に笑顔が伝播していくような明るく爽やかなパフォーマンスも健在。MCをほぼ挟まずに、約1時間半にわたるステージを走り切った二人は「いや〜、楽しかった。最高!」「みんなと一緒に楽しめて良かったです!」と声をあげ、最後に彪我が「楽しくて、忘れられない思い出を積み重ねていって、最終日には幸せすぎて爆発しちゃうんじゃないかと思います。この先のツアー、最後まで思いを込めて突っ走って行きたいと思います」と意気込んだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル