top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『サンモニ』関口宏、大谷翔平の野球は「ベーブ・ルースの時代とは違う」比較報道を疑問視し物議

リアルライブ

 14日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、関口宏が2桁本塁打・2桁勝利を達成したベーブ・ルースと大谷翔平を比較する風潮を疑問視した。

 大谷翔平がベーブ・ルース以来、104年ぶりに2桁本塁打・2桁勝利を達成したことについて、上原浩治氏と達川光男氏が称賛する。関口は2人に聞いた後、「それと僕はね、疑問に思っているんですよ。これ、100年前の記録と比べているんでしょ? 野球は100年進化しているんでしょ」と指摘する。

 ​>>『サンモニ』関口宏、世界水泳6位の瀬戸大也に「ダメでした」発言で物議 出演者からも注意<<​​​

 そして、「ベーブ・ルースの時代の野球と、大谷の野球は違うんじゃないかと思うんですよね」と疑問視する。これに達川氏は「比べようがないですよね。ベーブ・ルースの頃はヘルメットをかぶってないですからね。もう今は、ヘルメットに両耳つけて、エルボーガードをつけたりね、自打球のあれをつけたりしていますのでね、ちょっと比較対象にならないね」と語り、上原氏を見る。

 すると、上原氏も「ならないですね。速いボールを投げる人が増えてきたっていうのも、もちろんありますし、技術も全然違うと思うので。比べる対象がベーブ・ルースっていうことで、比べているんじゃないかなと思うんですけどね」とコメント。関口は「ああそうですか」とつぶやいていた。

 関口の「疑問」に、一部視聴者から「何が言いたいのかよくわからない。ベーブ・ルースの方が凄いと言いたい?」「なぜそんなことを言うの? どちらを貶めたいんだろう」「両方素晴らしい選手だと思うんだけどなあ」と疑問の声が上がる。

 一方で、「確かに時代が違うなとは思う」「ベーブ・ルースの時代は道具の精度が低い」「一緒に語ることはできない」などの同調も出ていた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル