top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

かまいたち山内、人生の一部となったかけがえない愛猫の存在「すべての猫ちゃんたちが幸せな猫生を送れるように」【“推し”の推し猫#5】

QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

×

普段はファンから応援される存在であるアーティスト、アイドル、俳優、芸人。そんな彼らにとって“推し”である愛猫の、飼い主にしか見せない顔を紹介する連載「“推し”の推し猫」

第5回目は、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が愛する5匹の猫と犬たちとの暮らしを自ら撮影し、彼らへの愛情を綴った写真集『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』(株式会社サイゾー/2022年7月29日発売)から、一部を公開する。

この記事の写真を見る(全12枚)

猫ちゃんなしの人生はたぶんもう無理

『ねこうちさん 猫と山内と時々犬』山内健司とその妻とその子供とその猫/株式会社サイゾー

もともと犬派だった僕は、当時付き合っていた彼女が飼いたがっていたからという理由で、猫を飼い始めた。なので正直、猫に対して熱い気持ちはなかった。最初の猫はスコティッシュ。彼女が選んだ。見た目は可愛いけど、犬と違って懐いてくれないでしょ、どうせ……そんな気持ちでいた。

「布団要らないくらいあったかいにゃー、結局集まって寝たら最高にゃー」
「コイツを返してほしければ、何か貢ぎ物を持ってくるにゃー」

でも飼ってみたらびっくり。めちゃくちゃ懐いてくれるやんけ! 喉鳴らすってなんや! ぐるぐるずっと言うとるがな! 喜んでんのか、これ喜んでくれてんのか! グルーミング?! ぐるぐる言うからか?! 知らんがな! めちゃくちゃ可愛いがな! 

広告の後にも続きます

その自由さ、甘え方、上品さ、すべてがストライクだった。猫ちゃんなしの人生はたぶんもう無理だ。ノーキャット ノーライフ。それくらい猫ちゃんが人生の一部になっている。

「しまった、これ以上進めないにゃ」
「噛むのやめときにゃー、俺一応止めたからにゃ」

疲れて帰ってきたとき、ヘトヘトで精神的にもしんどい……ってなってるこちらの状態お構いなしに「ごはんをくれ」って集団での「にゃー」。もう笑ってしまう。疲れも吹き飛んでしまう。無慈悲に甘えてくればくるほど、こっちは嬉しくなってしまう。猫ドM症状。

「今日もケンジが溺れないように 見守ってるにゃ」
「大お昼寝だにゃー」

猫ちゃんたちのおかげでこちらがこんなに幸せな人生送らせてもらってるわけやから、とにかく猫ちゃんたちにも幸せな猫生を送ってほしいと思ってる。絶対に食事に困らせないようにしたいし、体調悪くなったらすぐ対応できるようにしてあげたい、そのためにも仕事がんばろってモチベーションの一つにもなってる。

「のび太、ガブ、チャイは体格ほぼ一緒、モカだけかなり小さい。にゃんじはもう全然違う」

天国の愛猫、そして「今生きてるこの子たち」への思い

今回、写真も文章も自分で撮って書きました(写真は嫁にも手伝ってもらいました)。その中で、今うちにいる子だけではなく、天国にいっちゃったガフ、ふぁる、しゃんも一緒に載せさせていただきました。死んじゃったときは本当に悲しくて、悲しくて悲しくて泣きまくって後悔もしまくったんですが、この子らから教えてもらったことを今の猫ちゃんたちや、周りの猫ちゃんたちに活かそうと思って、今は「いろいろ教えてくれてありがとう」って感謝の気持ちでいるようにしてます。

きっとこの本を読んでる人の中にも、愛する猫ちゃんを失って、まだ気持ちの整理がつかない人もいると思います。

あのときああしたらよかったとか、こうしたらよかったとか。でもそれは遺された側は絶対に思うことです。後悔しないように全力で毎日体調チェックして、少しの異変でも病院に行って、毎日とにかく全力で愛しても、死んでしまったら後悔は絶対します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル