top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

万能戦士グリーンが歴代ベスト5を選定!尊敬するダンカンとの秘話も明かす「彼はただ俺のことを見てきた」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

×

万能戦士グリーンが歴代ベスト5を選定!尊敬するダンカンとの秘話も明かす「彼はただ俺のことを見てきた」<DUNKSHOOT>

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、現地時間8月10日に公開された自身のポッドキャスト番組でファンからの質問に応じ、自身のオールタイムのベスト5を選出した。

 まずグリーンが挙げたのはセンターに「シャック」ことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ポイントガードにはチームメイトのステフィン・カリー。続いてレブロン・ジェームズ(レイカーズ)の名前を出したが、歴代最高級のオールラウンダーのポジションをどうするか考え、最終的にスモールフォワードとしてチョイス。パワーフォワードにはティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)を、シューティングガードにはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)を選んだ。

 そして「これも言っておかなきゃいけない。コビーは(ジョーダンに)非常に近い2番手だ。俺のオールタイム5ではコビーが僅差で2位だったんだ」と、グリーンはコビー・ブライアント(元レイカーズ)がシューティングガード部門でジョーダンに最も近い位置にいると補足した。
  カリー、ジョーダン、レブロン、ダンカン、シャックは、それぞれのポジションにおいて歴代でも最高級の位置にいるスーパースター。またグリーンは自身の名前をほのめかすこともなく、パワーフォワードにはダンカンをセレクトした。

 グリーンはスパーズ一筋19シーズンをプレーし、5度の優勝すべてに主軸として貢献してきたビッグマンへ多大なリスペクトをしており、2016年には『The Undefeated』へこんな言葉も残していた。

「俺にはティム・ダンカンとの強烈なストーリーがある。ルーキーイヤー(12-13シーズン)の時、俺は誰彼構わずにくだらないことを喋っていたんだ。試合中に、ティムにも話し始めた。その時、彼はただ俺のことを見てきた。俺が喋り続けても、彼はただ見てくるだけだったね」

「そこで俺は察したのさ。これからのキャリアにおいても、彼とはうまく喋れないだろうとね。1つは、彼が俺のことをリスペクトしてなかったから声をかけてこなかった。2つめは彼が誰であろうと喋り返すことはなかったってこと。もしくはその両方だな。それがティムへ話しかけた最後だった」

 ダンカンは“ビッグ・ファンダメンタル”という異名を持つ基本に忠実な男で、攻守両面でスマートな選手としても知られていた。 グリーンは12年のドラフト2巡目全体35位でウォリアーズから指名され、今では4度の優勝を飾り、オールディフェンシブチームの常連となっているものの、ルーキーシーズンの頃はまだ駆け出しの存在。

 当時すでに大ベテランとなっていたダンカンからすれば「コイツはいったい何をしたいんだ?」と首を傾げていたのかもしれない。

 ちなみにダンカンは21年1月に米メディア『The Ringer』へ出演した際、トラッシュトークについて次のように語っていた。
 「単純に、トラッシュトークは私のゲームの一部ではなかった。試合中に何かを成し遂げしようとする時、その手段は選手をより苛立たせてしまう。そして他の誰かが私に何を言おうとしても私には効果的ではなかったし、対戦相手にトラッシュトークした以上に、それを吹っかけてきた彼ら自身に影響を与えてしまっていた。これが私のやり方で、一番フィットしていた」

 グリーンとしては、自身の対極のスタイルを持ち、歴代屈指の実績を積み上げてきたダンカンは、今でもベストなパワーフォワードということなのだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル