top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

乃木坂46の成熟が“夏曲”を変えた? 30thシングルが告げる新たなサマーアンセムの誕生

Real Sound

×

 乃木坂46が8月31日にリリースする30thシングル表題曲「好きというのはロックだぜ!」のMVが公開された。

(関連:乃木坂46、“設楽の女”が急増中? 現役メンバーから卒業生まで包み込む、バナナマン設楽統のグループ愛

 10周年の節目にたどり着いた日産スタジアムという一つの頂上から、“希望“という名のファンとともに、次なる地平に向けて新たな一歩を踏み出した乃木坂46。現在開催中の『真夏の全国ツアー2022』開催直前にツイートされた「わたしたちが、アイドル。乃木坂46です。」という表明は、これからも挑戦し続けることの力強い意思表示(※1)。そのグループの思いは施策を含めた記念すべき30枚目シングル全体からもひしひしと伝わってくる。乃木坂46の現在とさらなる未来を担う賀喜遥香をセンターに迎えた「好きというのはロックだぜ!」は王道にして、これまでのシングル曲の要素を踏襲した新たなサマーアンセムと呼べる楽曲だ。

 そもそも乃木坂46にとって今作は、2018年リリースの21thシングル曲「ジコチューで行こう!」以来、4年ぶりに夏曲を表題に据えたシングルということになる。2013年の6thシングル『ガールズルール』を皮切りに、2014年の9thシングル『夏のFree&Easy』、2015年の12thシングル『太陽ノック』、2016年の15thシングル『裸足でSummer』、2017年の18thシングル『逃げ水』、そして翌年の『ジコチューで行こう!』と、乃木坂46は6年にわたって毎年夏曲をリリースしてきた(2ndシングル『おいでシャンプー』や3rdシングル『走れ!Bicycle』も夏曲という見方が一部ではされているが、ライブにおいてはその立ち位置にはないため、ここでは対象外とする)。

 2019年以降は遠藤さくらが初めてセンターを務めた24thシングル曲「夜明けまで強がらなくてもいい」、コロナ禍によってリリースが停滞した2020年を経ての2021年、賀喜にとって初のシングルセンター曲となる28thシングルのタイトル曲「君に叱られた」と、遠藤や賀喜といったそれぞれのメンバーに合わせた(合わせたい)楽曲テイストへとシフトしていく。シングル曲のほかにも、ファンだけでなくメンバーからも絶大な人気を誇るサマーチューン「ひと夏の長さより…」や2017年発売の3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』リード曲であり、ライブでも数多く披露されている「スカイダイビング」、3期生にとって思い入れの詰まった「思い出ファースト」など、様々な形式/サウンドの夏曲が豊富になってきたことは、グループが定型のリリースサイクルから脱却し、遠藤と賀喜という新たなセンターを立てた、ある種の成熟とも取れるだろう。

広告の後にも続きます

 そうした夏曲の変遷を経てリリースとなる「好きというのはロックだぜ!」は、グループにとって原点回帰とも言える楽曲である。「夏のFree&Easy」を彷彿とさせる胸高鳴るイントロに、ツアーで早くも導入されている「裸足でSummer」以来のタオルを使ったライブ演出。それでいて楽曲自体のサウンドはポップでありながら、「ひと夏の長さより…」や「逃げ水」のようにセンチなムードを強く帯びている。カタルシスを覚えるほどの盛り上がりを見せる、落ちサビからラスサビにかけての転調は、夏のアイドルソングの王道にして乃木坂46のシングルとしてはありそうでなかった曲展開でもある。

 また、「好きというのはロックだぜ!」にはこれまでの夏曲とは一線を画す特徴がある。それは、夏を想起させる単語が一つも歌詞に使われていないことだ。例えば「ガールズルール」であれば〈海岸線を バスは進む 空は高気圧〉という歌い出しから、全員が同じ夏の情景をイメージするだろう。しかし、「好きというのはロックだぜ!」では〈青春〉や〈キラキラ〉といった言葉は出てくるものの、あくまで抽象的なイメージに留まっている。そして一番は全くロックサウンドではなく、歌詞にも〈ロック〉という言葉は登場しないのにも関わらずのこのタイトルであること。こうした相互関係はいかにも秋元康的な構成と言えるが、楽曲が持つサウンドスケープと夏期(賀喜)休暇のプランを立てるMVの映像も相まって、理屈抜きで夏曲と呼ぶしかないというのが「好きというのはロックだぜ!」のユニークかつ制作側の狙いが透けて見える部分だ。

 さらに30thシングルに収録される5期生曲「バンドエイド剥がすような別れ方」もまた夏曲。表題と同じく、すでにツアーや5期生が単独で出演した『TOKYO IDOL FESTIVAL 2022』のステージでも披露されている。前作「絶望の一秒前」からのパフォーマンスの成長やセンターの菅原咲月を筆頭としたメンバーの表情の豊かさ、井上和と川﨑桜、五百城茉央と冨里奈央のようなシンメトリーのポジション関係……と見どころは多くあるが、疾走感と夏の終わりを感じさせる切ない世界観とメロディラインは、今後5期生にとっても、ファンにとっても愛される楽曲に成長していく予感がする。

 30thシングルのリリース日、8月31日は乃木坂46の聖地・明治神宮野球場でフィナーレを迎える『真夏の全国ツアー2022』のツアーファイナルでもある。齋藤飛鳥にとっての「裸足でSummer」がそうであったように、賀喜と「好きというのはロックだぜ!」も、この夏を越えてグループをさらなる地平へと牽引して行ってくれるはずだ。(渡辺彰浩)

※1:乃木坂46 公式Twitterより(https://twitter.com/nogizaka46/status/1549227552082137088)

TOPICS

ジャンル