top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ONE PIECE』の世界線? 海賊として世界を変えた男・ドレーク 女王陛下はぼろ儲けし、現代人はそのもとに生きている

Real Sound

×

2度目の世界周航を達成したフランシス・ドレークという男

 国民的人気マンガ『ONE PIECE』を読むと、大海原を突き進むルフィら海賊たちの冒険的生活にあこがれてしまうもの。

 ただ、冷静になると、「海賊なんて、ある種のファンタジー」とも思える。でも、実は違う。ファンタジーの王道である剣と魔法の世界と異なり、私たちは海賊がいた、いや、変えてしまった世界を今も生きている、そう言ってもいいのだ。

 そこで、フランシス・ドレークという人を紹介してみよう。世界史の教科書的には、マゼラン艦隊に続き、2度目の世界周航を達成した人物だ。ちなみに、マゼランは世界周航途中で死んじまっているので、艦隊指揮官として成し遂げたのは初ということになる。

 さて、そのドレークは16世紀半ばにイギリス南部で生まれた。貧しい小作農の家だったが、近くにはプリマスという港があった。彼の父は若いころにここで船員となり、ヨーロッパを航海した経験があったらしく、ドレークもまた、少年期からテームズ川の舟運で働くようになった。

 メキメキと船員としての経験値を積んでいったドレークは、従兄弟でもあるプリマスの海賊、ジョン・ホーキンスに会いに行く。

広告の後にも続きます

 ここで、「聞いたことがある名前!」と思った人は、幼少期にスティーブンソンの『宝島』を読んだ人だろう。主人公はジム・ホーキンスで敵対する海賊はジョン・シルバーだからだ。ついでに、『ONE PIECE』にもホーキンスやドレークという名は登場する。この作品では有名な海賊の名をもじることが多いので、そりゃあ、そうなる。

 さて、ドレークにとって、ホーキンスは海賊の師匠ともいえる存在だ。そして、その師匠は私掠船の船長を生業としていた。

 この私掠船とは、要するに国家公認の海賊なのだが、少しわかりにくい。当時、イギリスと敵対関係にあったスペインは、アフリカ、アメリカ大陸を股にかけた略奪と貿易で大きな富を得ていた。

 イギリスとしては、敵国が肥え太るのはよろしくない。そこで、民間の船に「(スペインの船は)やっちまって、よろしい!」と許可を与えた。それが私掠船だ。

 だから、私掠船船長というのは、構造的に海賊ではない、と考える人もいる。学問的にはそうかもしれないが、やっていることは相手の船や財物の集積地を襲い、かっぱらうことだ。海賊以外、何者でもない。

 勇壮な海の物語に聞こえる。しかし、現実はかなり醜悪でもあった。彼らの主要な交易品は、アフリカで拉致した奴隷であり、アメリカ大陸で現地人から略奪した財宝だ。南米に「エル・ドラード(黄金郷)」があると信じ、多くの強欲者が命を落としたのもこの時期。所詮はクリストファー・コロンブスなどから続く、コンキスタドール(征服者)の物語だとは知ってほしい。

海賊として世界の海を駆けるドレーク

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル