top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『リコリス・リコイル』が追い求める“ホンモノ”とは? ポスト・トゥルースの時代への警鐘

Real Sound

×
(c)Spider Lily/アニプレックス・ABC アニメーション・BS11

 2022年の夏アニメの多くが折り返し地点に差し掛かろうとしているが、その中でも特に注目を集めているのは、やはり『リコリス・リコイル』ではないだろうか。

 参考:『メイドインアビス』第7話場面写真

 A-1 Pictures制作の本作は、オリジナルアニメでありながら、放送が開始された当初から「バディもの」あるいは「本格アクション」の要素で人気を博している。『WORKING!!』や『ソードアート・オンライン』シリーズなどの話題作で、キャラクターデザインや総作画監督として経験を積んできた足立慎吾の初監督作品であることも特筆すべきポイントの1つだろうか。

 本作は日本を舞台にした作品であり、劇中の東京では、Direct Attack(以下、DA)と呼ばれる秘密組織に属するエージェント「リコリス」たちが犯罪を未然に防ぐことで「平和」を維持している。

 物語の序盤は、そんなリコリスとして活動する錦木千束(以下、千束)と井ノ上たきな(以下、たきな)の2人が出会い、任務に取り組んだり、日常生活を共にしたりする中で絆を深めていき、バディとして結びついていく過程にスポットを当ててきた。

広告の後にも続きます

 その中に、本作の大きな物語、あるいは作品に通底するテーマに絡むピースが散りばめられており、第5話が1つの分岐点となって、そのピースたちがつながりを見せ始め、物語が動き始める。

 今回は、そんな『リコリス・リコイル』が描こうとしているテーマについて考えてみたい。

目を背けること、ニセモノの平和への逃避

 『リコリス・リコイル』において、リコリスあるいは主人公の千束やたきなのゴールはどこにあるのか。それは、第1話の冒頭のナレーションで明言されているように「平和」な日本を維持し続けることだ。

日本人は規範意識が高くて、優しくて、温厚
法治国家、日本
首都東京には、危険などない
社会を乱す者の存在を許してはならない
存在していたことも許さない
消して、消して、消して、きれいにする
危険は元々なかった
平和は私たち日本人の気質によって成り立ってるんだ
そう思えるのが、いちばんの幸せ

(『リコリス・リコイル』第1話より)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル