top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『マリトッツォ』発祥の地・ローマで “本物” を食べてみた結果 … 「カレーとインドカレー」くらい違った

ロケットニュース24

×

『マリトッツォ』発祥の地・ローマで “本物” を食べてみた結果 … 「カレーとインドカレー」くらい違った

日本で大ブームを起こした『マリトッツォ』はイタリア・ローマ発祥のスイーツ。その起源は古代ローマとされ、一体なぜ令和の日本でブームになったのかは諸説ある……が、ともかく多くの日本人が知るところとなったマリトッツォ。本当にローマで愛されているのだろうか?

というのも、 “食文化が海を渡る過程で変化してしまう” 事例は人類の歴史上、数多く存在する。中国の拉麺と日本のラーメンの違いを見れば明らかだろう。そんなワケで先日ローマを訪れた私は、さっそく「本当に普通にマリトッツォが売られているのか」を調査してみたぞ。

・普通に売ってた

結論として……マリトッツォはローマ市内で「メチャクチャ普通に売られている」ことが判明した。

街のカフェやベーカリーへ行けば当たり前に売られていたマリトッツォ。価格は2〜3ユーロほど(約3〜400円)で、日本のマリトッツォよりシンプルかつサイズが大きめだ。数十軒の店舗で調査した限り “コッペパンの切り目にクリームを詰めたスタイル” が主流の様子。

ローマで本当に愛されていたマリトッツォ。あまりにもどこでも売っているため、逆に店選びが困難だ。特に理由はないが何となく目についた『Don Nino』という店へ入店してみたぞ。

広告の後にも続きます

店内右手がジェラートコーナー。一口サイズのコーンがオシャレすぎる。

焼きたての菓子パンや惣菜パンに……

いかにも手の込んだケーキたち……

そんな中でひときわ単純な作りのマリトッツォは、逆に目を引く存在と言える。

・これがイタリア・スタイル

さて、さっそく注文しようと列に並ぶのだが……いくら待っても順番が回ってこない!

それもそのはず。よく見るとこの人たち、レジ横で “立ちエスプレッソ” をキメているのである。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル