top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「そのタマネギちょっと貸して!」とやってきた猿たちが膝の上で団子状になり、被写体の男性ビックリにっこり

カラパイア


 動物たちに懐かれるのは悪くない。なんか嬉しいし優しい気持ちになるしね。でもモノには限度があると思う。

 というわけで、今日はお猿さんたちに懐かれまくって?団子状態になってしまった男性の様子を紹介しちゃおう。



Man with Onion Attracts Monkeys || ViralHog

 ここはエクアドルのミサウアリにある公園で撮影されたものだそうだ。ベンチに座った男性がタマネギを手に持っていたところ、1匹の猿がやってきて、おもむろにタマネギを手にすると男性の膝に座り込んだ。

 するとさらに猿たちがやって来て…。

 あっという間に男性の膝の上は猿団子状態に。

 ええと、全部で何匹いるのかな? 6匹で合ってる?

 最初に玉ねぎをゲットしに来たのはこの群れのボスで、通称「ライターモンキー」と呼ばれている猿なんだそう。その名前の由来はその名の通り、ライターを使うからなんだって。

Wild Monkey Lights a Lighter!

 ライターモンキーはライターをゲットするたびに、自分の毛を燃やして食べているんだそうだ。身体についた虫を燃やしているんだという説もあるみたいで、上手に使っていてヤケドをすることはないそうだけれど、ちょっとビックリだし心配しちゃうよね。

 実は猿たちはタマネギを虫除けに使うこともあるらしく、今回はこの男性の膝の上でそのニオイを身体にこすりつけていたらしい。

 しかし、タマネギを持って行ってどこかでのびのびスリスリすればいいと思うんだけど、みんなして狭い膝の上で団子になってたのはいったいなんでなんだろうね。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル