top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

球審のストライク判定にはブーイングも、大谷翔平2三振含む4タコ。侍ジャパン栗山監督の前でエンジェルスは0-4と完敗

THE DIGEST

球審のストライク判定にはブーイングも、大谷翔平2三振含む4タコ。侍ジャパン栗山監督の前でエンジェルスは0-4と完敗

 現地時間8月12日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたミネソタ・ツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。4打数ノーヒット2三振に終わり、エンジェルスは0対4で黒星を喫した。

【動画】アスレティックス戦で豪快弾!大谷の最新25号をチェック

 この日は、日ハム時代の恩師であり、侍ジャパンを指揮する栗山英樹監督が視察に訪れた。栗山氏が見守るなか、先発右腕タイラー・マーリーと対峙した大谷は、第1打席はセカンドゴロに倒れた。

 2死一塁の3回で迎えた第2打席は、ボールカウント3‐1からの5球目、外角低めのスプリットを見送った。一塁へ歩き出した28歳だが、球審は入っているとコールしたため、フルカウントに。これには球場のファンからブーイングが飛んだ。6球目は同じく外角低めに4シームが投じられるも、これを見逃し三振に喫した。
  続く6回は、高めの釣り球に手を出し空振り三振に。0対4とリードを許した8回2死一塁では、3番手右腕ヨアン・デュランと対峙したサムライ。3球目の外角スプリットをはじき返すも、一塁手の正面に。恩師が見守るなかの試合で、一打は出なかった。

 これで連勝は3でストップしたエンジェルス。4月以来の4連勝とはならなかった。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】ジャッジのMVPを奪えるのは「オオタニしかいない」 ただ60本以上なら「受賞を否定するのが難しくなる」と米メディア見解

【関連記事】大谷翔平の代打交代に現地ファンは「馬鹿げている」と不満。“2桁勝利&2桁本塁打”の快挙も「ファンは球場を後にした」
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル