top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「父ちゃん、やったばい」の山口には“広島”の津田も。広島にはカープの投手は少なめ?【プロ野球はみだし録】

週刊ベースボールONLINE

×

甲子園のエース≒プロの県勢エース



南陽工高時代の津田

 春は下関商高、夏は柳井高が甲子園を制している山口県。甲子園での最大のスターは、センバツ優勝の下関商高を2年生エースとして引っ張った池永正明だろう。このときのインタビューで、スタンドで感涙にむせぶ父親にイヤホンを通して「父ちゃん、泣かんでいいやないね。やったばい」と落ち着いて語りかけた姿は語り草。ただ、1965年に西鉄(現在の西武)へ入団、1年目からプロでもエースとして活躍したが、“黒い霧事件”に巻き込まれて永久追放に。プロとしての輝きは唐突な形で幕を下ろした。

 一方、その先輩にあたる藤本英雄(巨人ほか)は1リーグ時代から活躍、2リーグ分立の50年にプロ野球で初めて完全試合を達成。巨人の後輩には下関工高に左腕の宮本和知がいる。巨人から当時は下関に拠点があった大洋(現在のDeNA)へ移籍してブレークしたのが高野(諏訪)裕良。さらに古い時代には山口高(旧制の山口中)に阪神の創設メンバーで高い勝率を誇った御園生崇男もいた。投手リレーもセットアッパーで岩国工高の森慎二(西武)に南陽工高の“炎のストッパー”津田恒実(恒美。広島)と盤石といえそうだ。

 一方で、甲子園の優勝が多い広島県は本拠地を置くプロ球団の広島カープに進む投手は意外と少ない。現役の薮田和樹や昭和の黄金時代を支えた小林誠二は貴重な存在。ただ、小林は広島工高の出身だが、藪田は岡山理大付高の卒業だ。尾道商高からは備前(大田垣)善夫、“UFO投法”の山内泰幸がカープへ進んだ。

 強豪の広陵高からは現役の野村祐輔が出ているが、岡山県の出身。その広陵高にも好打者が多い印象だ。呉港高(旧制の呉港中)で甲子園の優勝投手となった藤村富美男はプロで打者として“ミスター・タイガース”と呼ばれた。とはいえ、その弟の藤村隆男(阪神ほか)に南海(現在のソフトバンク)のエースだった柚木進らカープ誕生前の投手たちなどもいて、全体的にも投手の層は厚い。その後も福山電波工高の村田兆治(ロッテ)に、広島商高の山本和行(阪神)、広島工高にはヤクルト黄金時代のクローザーで、現在はヤクルト監督の高津臣吾がいる。

文=犬企画マンホール 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル