top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「喜劇人達への個人的なラブレターという、この作品にしかない思いがある」~舞台『世界は笑う』が開幕

SPICE

×

COCOON PRODUCTION 2022+CUBE 25th PRESENTS,2022『世界は笑う』  撮影:細野晋司



2022年8月11日(金)、Bunkamuraシアターコクーンにて、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)作・演出の新作舞台、COCOON PRODUCTION 2022+CUBE 25th PRESENTS,2022『世界は笑う』が開幕した。舞台写真&ケラリーノ・サンドロヴィッチよりコメントが到着した。

KERAが自身の“昭和”という時代への愛着を込め、初めて“昭和の喜劇人”を題材に描いた作品であり、5年ぶりのBunkamuraシアターコクーンでの新作となる今作。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、当初予定されていた初日8月7日から、5公演の中止を経て、満を持して迎えた初日となった。

 撮影:細野晋司


戦後の色を残しながらも活気づいていた昭和32年の東京・新宿。その一角に常打小屋を持つ軽演劇の一座「三角座」があった。彦造(瀬戸康史)は三角座で喜劇俳優をしている弟の是也(これや/千葉雄大)を訪ね上京する。劇団には、若手俳優・大和(勝地涼)や、踊り子・撫子(伊藤沙莉)、古株俳優のトーキー(ラサール石井)、興行主の蛇之目(じゃのめ/銀粉蝶)、貸本屋で働きながら劇団を手伝う初子(松雪泰子)など……様々な人々が交差し、高度経済成長期前夜の新宿で、哀しくも可笑しい人間群像が描かれていく。

広告の後にも続きます

 撮影:細野晋司


“全員主役の群像劇”というKERAの言葉通り、俳優陣の魅力的なキャラクターが息づき、重層的な人間ドラマを堪能できる一作となったに違いない。

 撮影:細野晋司


作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ コメント

初日の幕が開き、ほっとしています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で初日が伸びてしまい、また周囲でも公演が中止になったり延期になったりしている中、ともかく一回目を終えられて、本当に良かったと思っています。そういった特殊な環境下での"安心"にも少し慣れてきてしまった感もありますが、そんな安心はしないで済む状況に早くなってくれることを願います。
 通常初日を観劇して下さるお客様は前のめりに見てくださる印象があります。今日は本来初日ではなかった日ですので、ニュートラルな客層かなと思っていたのですが、非常に熱と集中力を持ってご覧になって下さり、ありがたかったです。
本当にキャストとスタッフとお客様に感謝の気持ちで一杯です。
作者としては、喜劇人達への個人的なラブレターというか、落とし前というか、そういった意味で、非常に特殊な、この作品にしかない思いがあります。こんな芝居を創ることが出来たのは幸せです。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル