top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木下ほうか「お前の仕事を潰してやる」元カノの恋人にかけていた恫喝電話【上半期ベストスクープ】

女性自身

×

木下ほうか「お前の仕事を潰してやる」元カノの恋人にかけていた恫喝電話【上半期ベストスクープ】

新型コロナの猛威は今も続くものの、緊急事態宣言といった対策が緩和され、少しずつ以前の生活が戻りつつある日本。しかし、その一方、ロシアがウクライナへの侵攻を開始するなど、緊迫した世界情勢が続いている。そんな2022年の上半期、芸能界や皇室でも驚きの出来事が次々と起きていた。本誌が目撃してきた上半期のスクープのなかでも、特に反響が大きかったものを改めて紹介する。

 

上半期、日本映画界を大きく揺るがしたのが監督やプロデューサーといった力を持つもの達による女性への性加害。連日、メディアを通じて次々と告発がなされるなか、特に大きな衝撃を与えたのが人気バイプレーヤーである木下ほうかだ。実は告発された行為以外にも、過去に危うい行動を起こしていたようでーー。(以下、2022年4月12日号掲載記事)※年齢は掲載当時のママ

 

「木下さんは業界の飲み会に必ず顔を出すのですが、その場にいる女性によくちょっかいを出していました。女性が絡むと性格が変わるんです」(映画関係者)

広告の後にも続きます

 

数々の映画やドラマに引っ張りだこで、’14年からはバラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)での“イヤミ課長”としても人気を博していた俳優・木下ほうか(58)。

 

そんな木下に、“論破できない”醜聞が報じられた。

 

「『週刊文春』で2人の女優が、木下さんから過去に“性加害”を受けたと告発しました。木下さんが演技指導の名目で女性を自宅に呼び出し、性的な行為を強要したそうです。また、誘い文句として『井筒和幸監督(69)に紹介してやる』と語っていたこともあるといいます」(芸能関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル