top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高橋優斗“慎太郎”、吉川愛“冴”に5年前の事件の真実を告げる「遂に言ったか…」

TVerプラス

×

中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が主演、吉川愛がヒロインを務める木曜劇場『純愛ディソナンス』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第5話が、8月11日に放送。朝比慎太郎(高橋優斗/HiHi Jets)が和泉冴(吉川)に、5年前の事件の真実を告げたシーンがネット上で「ちゃんと伝えた慎太郎かっこいい」「遂に言ったか……」と話題になった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、新任の音楽教師・新田正樹(中島)と生徒・冴の“純愛”を描く完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の“純愛”が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となってドロドロな展開を生み出していく。本心で向き合えないまま決別した2人だが、ひょんなことから5年後に再会する。

病院の屋外スペースで冴にバックハグをした正樹は、手を離し「ごめん」と伝えその場を離れようとする。冴は「どういう意味ですか?」と質問するが、正樹は答えることなくその場を去ってしまう。

正樹の勤務先である「モノリスエステート」に、冴のアルバイト先である「コアスパーク」の社長・路加雄介(佐藤隆太)が訪れる。路加は正樹に「御社が所有するリゾート物件と弊社のプレミアム会員を繋ぎたい」と伝える。そして路加がリゾートの内見日に指定したのは、正樹と新田愛菜美(比嘉愛未)の結婚記念日である7月11日だった。

路加が愛菜美に「結婚記念日にご主人と和泉を2人きりにして何も起きないか賭けてみない? どっちになるか」と言うと、愛菜美は「面白そう」とその提案に乗る。

路加は正樹との内見日、冴をアシスタントとして同行させる。そして路加は途中で急用が入ったと嘘をつき、正樹と冴をレストランに2人きりにする。冴が先にレストランを出るが、冴が泊まるはずだった部屋は路加にキャンセルされていた。正樹は自分の部屋に冴を泊まらせ、自分は帰宅する。

その後、愛菜美から期間限定で自分のアシスタントにならないかと提案され浮かれている冴に、慎太郎は「あいつと関わるのはやめろ」と忠告。そして、5年前に冴と正樹がベンチで寄り添う写真をばら撒いたのは、愛菜美であることを打ち明ける。

ネット上では、慎太郎が冴に5年前の写真について話すシーンに対し「ちゃんと伝えた慎太郎かっこいい」「遂に言ったか……」「慎太郎いい男」との声が。また、冴と愛菜美の対峙シーンには「冴VS愛菜美が怖い」といったコメントが寄せられた。

次回は8月18日に放送される。冴は正樹の愛菜美の本性を知らせようとするが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル