top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

R18+で若者のリアルを描く…刺激的な“R指定”青春映画の世界

MOVIE WALKER PRESS

×

R18+で若者のリアルを描く…刺激的な“R指定”青春映画の世界

『レディ・バード』(17)や『ミッドサマー』(19)など数々の話題作を世に送り出してきた気鋭スタジオA24の最新作『Zola ゾラ』が8月26日(金)より公開される。2015年にTwitterに投稿され大きな話題を集めた“148のツイート”を映画化した本作は、ウェイトレス兼ストリッパーのゾラとダンサーのステファニ、自由奔放な2人の女性がたどる“悪夢の48時間”を描くSNS時代の青春ロードムービーだ。

日本公開にあたって行われた映倫の審査では、R18+(18歳未満鑑賞不可)に指定された本作。青春映画×R指定の組み合わせといえば、1990年代から現代に至るまで多くの若者を魅了する傑作が次々と世に放たれてきた。そこで本稿では、その系譜に新たに加わる『Zola ゾラ』の公開に合わせ、一度観たら心から離れない登場人物たちを刺激的に描きだした、“R指定”青春映画の傑作を紹介していこう。

■8か月のロングラン!伝説となった『トレインスポッティング』

まずは、のちに『スラムドッグ$ミリオネア』(08)でアカデミー賞を席巻したイギリスの鬼才ダニー・ボイル監督の出世作となったR15+(15歳未満鑑賞不可)映画『トレインスポッティング』(96)だ。

ユアン・マクレガー演じる主人公のマーク・レントンは、平凡な人生を送るのが嫌で仲間たちと自堕落な生活を送っていた。喧嘩が趣味のベグビー、女たらしで「007」オタクのシックボーイ、気のいい小心者のスパッド。彼らの友情が崩壊の運命をたどる絶望感のなか、レントンは人生を変える大きな賭けに出る。

2016年に閉館した渋谷のミニシアター「シネマライズ」で公開された当時、約8か月にも及ぶロングランを記録。ミニシアターブームを象徴する一本として多くの若者を熱狂させた伝説は、いまなお語りぐさになっている。2017年には主人公たちの20年後を描いた続編『T2 トレインスポッティング』(17)も公開。そちらもあわせてチェックしてほしい。

■上映禁止運動も起きた超問題作『KIDS』

1990年代から2000年代にかけて、あまりにも刺激的な青春映画を次々と発表してきたラリー・クラーク監督の長編デビュー作『KIDS』(95)も、R指定の青春映画を語る上で欠かせない一本。

当時のニューヨークのストリートキッズたちを描き、アメリカでの公開時には上映禁止運動が起こるなど大きな物議を醸した問題作。脚本を手掛けたのは、当時19歳だったハーモニー・コリン。主人公の少年たちを演じたのは実際にストリートで見つけ出されたキッズたちと、あらゆるリアルを織り込みながらドキュメンタリータッチで描かれていく。当時のニューヨークカルチャーの裏側を目撃することができよう。

■刺激を求めた女子大生たちが裏社会に…『スプリング・ブレイカーズ』

『KIDS』で脚本を手掛けたハーモニー・コリンは、その後、映画監督や俳優としてめざましい活躍を見せる。2013年にA24とタッグを組んで手掛けたのは青春犯罪映画『スプリング・ブレイカーズ』(13)。本作もまたR15+指定となった作品だ。

退屈な大学生活に心底うんざりしている女子大生4人組は、刺激を求めて“スプリング・ブレイク(春休み)”にフロリダ旅行へ出かける。パーティ三昧のご機嫌な日々を送っていた彼女たちは、怪しげな男との出会いをきっかけに裏社会へと足を踏み入れてしまう。セレーナ・ゴメスやヴァネッサ・ハジェンズといった人気女優たちが揃い、ポップでカラフルな色合いで描かれるスキャンダラスな雰囲気は、病みつきになること間違いなし。

■岡崎京子の傑作を、若手注目キャストで実写映画化『リバーズ・エッジ』

日本にも心がヒリつくような“R指定”青春映画はある。『ヘルタースケルター』(12)などで知られる人気漫画家の岡崎京子の同名作品を、行定勲監督が実写映画化したR15+指定作品『リバーズ・エッジ』(18)だ。

ごく普通の女子高生といじめられっ子、モデル。一見なんの共通点もない彼らが「河原の死体」を通していびつに結ばれ、生と死、そして青春の終わりと再生に向き合っていく様子を鮮烈に描きだした青春ドラマ。二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平ら注目の若手俳優たちの共演もさることながら、全編にあふれる1990年代の空気感は見逃せない。

■SNSと現実が交差する、“いま”を象徴する青春映画『Zola ゾラ』

そしてこの傑作ぞろいの“R指定”青春映画に新たに仲間入りを果たす『Zola ゾラ』。アザイア“ゾラ”キングが自身のTwitterに投稿した実体験を、人気ブランドmiu miuの女性監督シリーズにも抜擢された気鋭のジャニクサ・ブラヴォー監督が映画化した本作は、全米1500スクリーンで公開されるや若者たちから熱狂的な支持を集めスマッシュヒットを記録した。

レストランで働いていた、ウェイトレス兼ストリッパーのゾラは、客としてやってきたステファニと”ダンスができる”という共通点から意気投合。すると翌日ステファニから「ダンスで大金を稼ぐ旅に出よう」と誘われ、困惑しながらも結局行くことに決めるゾラ。しかしそれは、信じられないような悪夢の48時間の始まりだった。

ゾラ役を『マ・レイニーのブラックボトム』(21)のテイラー・ペイジが演じ、ステファニ役はエルヴィス・プレスリーの孫娘として知られるライリー・キーオ。全米公開時には多くのセレブたちも魅了し、また劇中には人気アーティストたちの楽曲も満載。友情とバイオレンス、SNSと現実が交差した、まさに“いま”を象徴した青春映画と呼べる本作。新たな時代の波を感じながら、ゾラの刺激的な旅路を目撃してほしい。

文/久保田 和馬

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル