top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

規格外の打力は圧巻! 高松商の強打者・浅野翔吾が示した“ドラ1”の可能性【甲子園6日目のプロ注目選手たち】

THE DIGEST

×

規格外の打力は圧巻! 高松商の強打者・浅野翔吾が示した“ドラ1”の可能性【甲子園6日目のプロ注目選手たち】

 熱戦が続いている夏の甲子園。ドラフト候補となる選手たちにとっては最大のアピールの場となるが、その日に登場した有力選手のプレーぶりについて紹介していく。大会6日目は高校ナンバーワン外野手の呼び声高い浅野翔吾(高松商)を筆頭に以下の4人をピックアップした。

●浅野翔吾(高松商3年・外野手):6打席4打数3安打2本塁打4打点2四死球

 高い注目のなかで迎えた初戦で2打席連続ホームランを含む3安打4打点の大活躍。圧倒的な結果を残してみせた。2本のホームランはいずれもツーストライクに追い込まれてからで、1本目は外角のストレートを右中間、そして2本目は変化球を引っ張って弾丸ライナーでレフトスタンドへ放り込んだ。その打ち分け方は単なるパワーだけでなく、対応力の高さも感じられた。

 甲子園球場の“名物”とも言える特有の浜風に苦しむ傾向にある右打者が、難なく右中間へ運ぶという打撃は、やはり凄いというほかない。ヘッドの走りは抜群で、打球を飛ばすコツを知っているように見える。守備の局面で少し気が抜けたようなプレーが目立ったのはいささかきになったが、脚力と肩の強さもあり、外野手としての総合力の高さは抜群。今秋のドラフトでは1位の12人に入ってくる可能性も十分にあるだろう。
 ●黒田義信(九州国際大付3年・外野手):4打席3打数1安打1犠打

 変則サウスポーの吉村優聖歩(明徳義塾)に苦しみ快音は聞かれず。守備でも平凡なゴロをエラーするなど少し不本意な結果に終わったが、それでも決勝点を呼び込むセーフティーバント(記録は内野安打とサードのエラー)を決めるなど随所に持ち味を発揮した。

 セーフティーバントと送りバントをした際の一塁到達タイムはそれぞれ3.77秒、3.67秒と見事な値で、すぐにトップスピードに入る脚力は大きな魅力。センターからの返球も選抜と比べて明らかに力強くなった。次戦以降は打撃でも本来のパフォーマンスを見せてくれることを期待したい。●野田海人(九州国際大付3年・捕手):4打席3打数1安打1四球(申告敬遠)

 選抜では肘の不安もあってか攻守に精彩を欠いたが、この日は度々力強いスローイングを披露。イニング間のセカンド送球では少しセーブして投げても楽に1.9秒台をマークし、ボールの勢いも本来のものに戻った印象を受ける。

 バント処理でも軽快なフットワークを見せ、また先発した香西一希の良さを引き出すリードも目立った。バッティングも少し内角が窮屈で内野安打1本に終わったが、振る力は徐々にアップしている印象を受ける。黒田とともに次戦はバットでの活躍にも期待だ。
 ●日高暖己(富島3年・投手):9回、被安打13、5失点(自責点5)、9奪三振、4四球

 最速148キロを誇る大型右腕。この日は立ち上がりに苦しんだこともあって最速は144キロにとどまり、5失点で負け投手となったものの、ヒットは不運な当たりが多く、9個の三振を奪うなど随所にポテンシャルの高さは示した。

 少しコンパクトなテイクバックであまり肘を使わない腕の振りは山本由伸(オリックス)と重なり、リリースでしっかりボールを抑えられ、低めのボールも勢いは落ちない。また、腕を振って内角に速いボールを投げられるのも長所だ。変化球の精度も決して低くない。身体つきは細身なだけに、しっかり鍛えればまだまだスケールアップする可能性は高いだろう。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【甲子園「注目野手」10人】松尾&渡部の大型捕手に、 高松商・浅野、“村上弟”らが登場<SLUGGER>

【関連記事】【甲子園「注目投手」10人】 日本文理・田中や智弁和歌山・武元らドラフト候補性に加え、大阪桐蔭2年左腕も必見<SLUGGER>

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル