top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブラジル人女性初の快挙「特別」

テニス365

×


ベスト8進出を決めたハダッド=マイア
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク24位のB・ハダッド=マイア(ブラジル)が第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)を6-4, 3-6, 7-5で破り、ブラジル人女性選手として初の「WTA1000」準々決勝進出を果たした。

>>ナショナル・バンクOP 男子の組合せ・結果<<

>>ガウフらナショナル・バンクOP 女子の組合せ・結果<<

今大会2回戦で第13シードのL・フェルナンデス(カナダ)をストレートで下し3回戦に駒を進めていたハダッド=マイア。この試合の第1セットでは第5ゲームでブレークに成功すると、世界ランク1位のシフィオンテクに対し1度もブレークポイントを与えることなく先行する。

第2セットでは序盤から6度のブレークチャンス握られるも決め切ることができずにいると、第6ゲームでブレークを許し、セットカウント1-1に追いつかれた。

ファイナルセット、2度のブレークを奪われたハダッド=マイアだったが、リターンゲームでは10度のブレークチャンスを創出しそのうち3度ブレークに成功。3時間の熱戦の末にブラジル人女性初の快挙を達成した。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはハダッド=マイアのコメントが掲載されている。

「私のキャリアでは厳しい局面がたくさんあった。まだ26歳だけど、すでに4回も手術を受けている。だから、特別な瞬間があるときはとにかく楽しむようにしている。私たちは時々『ああ、私はそんなに幸せではない』と思うことがあるから。でも、実際はこの瞬間を生きるために、この夢を生きるために15年間もハードワークしてきたの」

勝利したハダッド=マイアは準々決勝で第8シードのG・ムグルサ(スペイン)と第12シードのB・ベンチッチ(スイス)の勝者と対戦する。

同日には第10シードのC・ガウフ(アメリカ)、第15シードのS・ハレプ(ルーマニア)らが8強に駒を進めている。



TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル