top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

キャディではなく選手として訪れた「一生に一度のチャンス」 安田祐香の姉が緊張の“ツアーデビュー”

ゴルフ情報ALBA.NET

×

キャディではなく選手として訪れた「一生に一度のチャンス」 安田祐香の姉が緊張の“ツアーデビュー”

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇11日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6679ヤード・パー72>

今大会を主催するNECに所属している安田祐香の姉・美祐(みゆう)が、アマチュア選手として自身初となるプロトーナメントに出場する。開幕前日には「すごい緊張しています。どんなふうになるのか全然想像もできないです」などその心境を話した。


1998年2月10日生まれで現在24歳の美祐と、2000年12月24日生まれで21歳の祐香は3学年違い。姉は、妹のキャディを務めるためプロトーナメントのコースに立ったことがあるが、選手としてはこれが初めて。大手前大のゴルフ部に在籍していたが、「試合や競技に出るのは大学以来で3〜4年ぶり」。その胸の鼓動はスタートを迎えてもおさまらなさそうだ。

大学卒業後は一般企業への就職を経て、現在は妹のキャディやゴルフ関係の仕事をしている。社会人になってからはプレーする時間もなかなか取れなかったが、そんななかで回ってきた「一生に一度のチャンス」を生かし、妹と同じコースで戦うことを決めた。

全長は6679ヤードとあって、「自分にとっては距離が長い。ウッド系をしっかり使うことになるので難しいと思います」というのが練習ラウンドで抱いた印象。さらに洋芝のコースには「ターフが取れてビックリ。粘り気が強いので、ランが出なかったりしてドライバーが余計に飛ばないので、飛距離が難しそうです」。そこにプロの難セッティングが重なり、不安は尽きない。それでも一番得意というパットを武器に「予選通過」を目指していく。

妹がホステスプロとして、大きな注目を集める大会での“デビュー戦”。「(妹は)カッコイイと思っています。NECさんの試合ですし、ぜひ優勝を狙っていって頑張ってほしいです」という姉心もこぼれる。一方、妹からは「お姉ちゃんは飛距離が出るわけではないので苦戦しそうって感じだったけど、お互い頑張りたい。初めてのプロの試合なので楽しんで欲しいです」とエールが送られた。普段、姉のことを『美祐』と呼ぶほどの仲良し姉妹。お互いの存在を刺激に、コースを盛り上げたい。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル