top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本でも“欧州の洗礼”が… 全英帰りの勝みなみ「荷物が出てこない!」

ゴルフ情報ALBA.NET

×

日本でも“欧州の洗礼”が… 全英帰りの勝みなみ「荷物が出てこない!」

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇11日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6679ヤード・パー72>

2週前の「楽天スーパーレディース」で、国内女子ツアー初となる72ホールボギーなしの優勝。それを手土産に、先週の海外メジャー「AIG女子オープン」(全英)に臨んだ勝みなみだったが、「優勝して行った大会だし、調子も今までの海外の試合では一番よかったと思っていたので、自分が持っているものを出し切れなかったのは悔しい」と、トータル10オーバーで予選落ちという結果に唇をかむことになった。


特に2日目の12番で『+4』を叩いた後の“ラスト6ホール”では、こんな後悔も感じることに。「風は強いし、ポットバンカーもあるから曲げたくない気持ちが強くて、スイングが小さくなっていた。(13番の)パー3から『これだけ曲がるなら思いっきり振ろう』と思ったら、まったく曲がらなくなった」。当然ながら“最初からやっておけば…”と思う部分は強い。ただ、そのおかげでいらぬ不安を日本に持ち帰らずに済んだ。

今週の火曜日に帰国。翌朝には軽井沢に入り、すぐに9ホールの練習ラウンドを回った。日本→英国→日本という3連戦で時差ボケなどの影響も否定しないが、「(2週前の)ノーボギーの時ほど調子がいいかというと、そうではない。ただ感覚はいいです」と、思った以上すんなりとコースに入ることができたという。

ここからは本格的に海外を見据えた戦いが続く。今週発表された世界ランキングで75位以内の61位になったことで、今年行われる米国女子ツアー予選会を最終の『Qシリーズ』から受けられることが確定した。「受ける気持ちはまったく変わってない」という決意のなか、糧にしていくのがこれまでの経験だ。

「海外での試合をフィードバックして何が足りないかとか、全英で足りなかったことを克服して、確実に向こう(米ツアー)の試合に出られるようにしたい」。予選会上位突破で、来季より多くの出場試合を確保するための努力を、ここからさらにペースアップさせる。

そんな矢先、欧州のこんな“洗礼”も日本で味わうことに。実は帰国した際、空港で待てど暮らせど「ゴルフ道具とスーツケース3つが出てこなかったんです」。そこでいったん帰宅。勝の荷物が入った2つとゴルフ道具は、経由地のパリで見つかり木曜日の朝までに届いたが、同行した母親のスーツケースはいまだ見つかっていないという。自身のプレーへの影響は少なそうだが、海外のコース、そしてそこでの生活を十分に“予習”する1週間になった。

「ボギーなしで回れるかと言われたら簡単ではないけど、バーディを狙っていきたいコース。グリーンも止まってくれるのでピンデッドに狙いたい。バーディを狙いつつ、守るところは守ってメリハリあるゴルフで」。自信を失わず戻れたことで、持ち前の攻撃的な姿勢も変わらない。国内2試合連続優勝で“復帰戦”を飾りたいところだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル