top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

習得すれば大きな出力を生み出し飛距離がUPする『インサイドアタック』とは?【阿河徹の見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/ゴルフ】

ラブすぽ

×

習得すれば大きな出力を生み出し飛距離がUPする『インサイドアタック』とは?【阿河徹の見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/ゴルフ】

シャフトをインサイドから下ろす動作を身につける

◎切り返しの初期動作で背中側にシャフトを下ろす

●インサイドアタックを習得しよう
上達に悩んでいる多くのアマチュアゴルファーは、トップからのスイング軌道に問題があります。

つまり、アウト側からクラブが下りてきてしまうアウトサイドアタックです。クラブが外から入ってきて、そのままインパクトでフェースが開いてしまいます。

そのため、ボールが左に飛び出てから右に曲がるスライスになります。スライスでもコントロールできれば問題ないじゃないか、という人がいるかもしれませんが、飛距離という部分でマイナスです。

そのためにも、正しい軌道でインサイドアタックを習得してください。

広告の後にも続きます

インサイドアタックは、切り返しから背中側にシャフトを下ろし、ボールに対して内側からヘッドが入りインパクトを迎える打ち方です。

大きな出力を生み出せる動作になります。

●切り返しでは力を込めずに脱力する
切り返し時の動作ポイントは脱力です。

力を込めるとどうしてもシャフトが立ちアウトからの軌道になります。

右手首は外側に折ります。腕相撲でいうと負けている側の手首の角度です。

右ヒジが締まるのを感じながらグリップエンドを下降させて体を回転させていきます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル