top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

TOMOO、まだ見ぬ場所へ漕ぎ出していく決意 初期曲から最新曲まで披露した『Estuary』レポ

Real Sound

×
TOMOO(写真=Kana Tarumi)

 今年8月3日に<IRORI Records>から、mabanuaプロデュースによるメジャー1st デジタルシングル「オセロ」をリリースしたシンガーソングライターのTOMOOが、自身最大規模となるワンマンライブ『Estuary』を8月7日、東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて開催した。淡水と海水が混じり合う「河口」を意味する英タイトルが付けられた本公演は、本人がインタビューやSNSなどで表明しているように、新しい一歩を踏み出す「決意表明」と、このタイミングだからこそ「初心に帰る」ことの大切さを、セットリストや演出などその全てで表現した充実のパフォーマンスだった。

(関連:TOMOO、他者との関わりの中に見出す希望 メジャー1stシングル「オセロ」&ワンマンライブ『Estuary』に込めた真意を問う

 ラベルに「Estuary」と記されたカセットテープを少年が河口で拾う、幻想的な映像が緞帳いっぱいに映し出され、会場に広がる川の水音にしばし夏の暑さを忘れて和んでいると、突然力強く打ち鳴らされるTOMOOのピアノバッキングが空気を一変させる。関口孝夫(Dr)、大竹紗英(Ba)、YUMA HARA(Gt)、そしてバンドマスターの山下健吾(Key)に、横山ともこ(Sax)、前田大輔(Tb)、永田昴生(Sax)というホーンセクションを加えた7人編成を率いて、まずは3月に配信リリースされたシングル曲「HONEY BOY」からライブはスタート。これは今年2月6日に東京・渋谷WWW Xにて開催された、ワンマンライブ『TOMOO one-man live“YOU YOU”』と同じ始まり方だが、歯切れの良い生のブラスが加わったバンドアンサンブルは、この半年間でさらに強靭なグルーヴを獲得している。続く、「らしくもなくたっていいでしょう」は2020年のミニアルバム『TOPAZ』収録曲。不思議な譜割を持つメロディが、中毒的な魅力を放つポップチューンである。

 「こんばんは、TOMOOです。北から南まで、西から東までいろんな場所から、こんな大変な時に来てくれてありがとう」。そう挨拶すると、割れんばかりの拍手が鳴り響く。「念願のホールライブ、フルカラーで自分の曲を届けたくて、古い曲から新しい曲まで用意しました。今日は一緒にいい夏の日にしましょう」。

 軽やかなリズムと、どこかキャロル・キングを彷彿とさせるソウルフルなメロディが印象的な「酔ひもせす」のエンディングで、パワフルなピアノの演奏を聴かせた彼女。そのままピアノに座って「雨でも花火に行こうよ」を披露すると、音数を絞り込んだシンプルなバンドアレンジの上を、テンションノートをたっぷり含んだメロディがふわふわとたゆたう。その洗練された響きは荒井由実あたりにも通じるセンスだ。

広告の後にも続きます

 大らかでアーシーな雰囲気が印象的な「スコール」を経て、ライブ中盤ではお馴染みのピアノ弾き語りコーナーに。「17歳から弾き語りをやっているし、マイクを持って歌い始めたのって実はつい最近なんですよ。昔から私のことを知っている人には、レッサーパンダが立ち上がるくらいの感じに見えていると思う」などと、冗談めかして場を和ませた後に演奏したのは「River」。彼女曰く、「普段はライブでやらない古ーい歌」であり、「人生初めてセットリストを組んで、その最初に歌った曲」である。目の前にいる相手との心の距離を、川の向こう岸との距離に喩えた狂おしいほど切ない歌詞と、美しいメロディが心に刺さる。弾き語りコーナーの最後には、この日初公開となる「窓」を披露。「窓ばかり眺めて、人の心を思っていたようなコロナ禍の日々に、メロディのかけらができて、今年完成させた」というこの曲を、前半はウーリッツァーで、後半はピアノで弾き語った。

 ライブ後半はシモタニ(Vn)、山崎響子(Vn)、武市華奈(Va)、伊藤利英子(Vc)というストリングスセクションを迎え、まずはワウギターをフィーチャーした壮大なロックチューン「泳げない」から。続く「風に立つ」は、ピアノの速いパッセージにアコギやストリングスが絡み合うグルーヴィーなナンバー。〈死んだように生きるのはもうやめようって思いながら/明日にはまたそれを忘れてるこんな日々に 風を待ってた〉と、コロナ禍で漠然と感じていたモヤモヤとした思いを代弁してくれるようなポエトリーリーディングに、心がふと軽くなる。後半のブレイクでは、振り絞るように熱唱するTOMOOに応えるように、会場のあちこちからハンドクラップが沸き起こっていた。

 ウッドベースをフィーチャーしたロマンティックな楽曲「ロマンスをこえよう」を挟み、「ここからみんなとギアを上げたいんだけど……立ってみます?」と控えめな煽りでフロアを総立ちにさせ「オセロ」を演奏。メジャーとマイナーの狹間で漂うようなメロディと、セクションごとにプログレッシブな展開をみせるバンドアンサンブルを、こうしてステージの上で改めて聴いて、不思議な曲だなと再認識した。

 「ここからはお祭りタイムですよ!」とさらにオーディエンスを煽り、「Friday」「POP’N ROLL MUSIC」と畳みかけ、さらにOfficial髭男dismの藤原聡やVaundyらが絶賛した「Ginger」を披露し本編を終了。アンコールでは、音楽活動の「歩みの最初」となった楽曲「金色のかげ」をシモタニカルテットとピアノによる弾き語りで披露したあと、再びバンドとホーンセクションを呼び込み「What’s Up?」「恋する10秒」を演奏してこの日の公演を終了した。

 「改めて『Estuary』で、みんなと会えて本当に良かったです。知らない場所へ漕ぎ出していく気持ちと、初心に戻っていくような感謝の気持ち、どちらも今はあって。初めましての人たちとも、久しぶりの人たちとも、ここからまた一緒に旅をしていけたらと思っています」と、最後に挨拶したTOMOO。ここから彼女がどんな風景を目にしていくのか、それを私たちにどのような形で報告してくれるのか。今後の活動も楽しみだ。(黒田隆憲)

TOPICS

ジャンル