top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

超特急、新メンバー4人もお披露目した“8号車の日”レポ  怒涛のセットリストを駆け抜けた一夜

Real Sound

×
超特急(写真=米山三郎、笹森健一)

 超特急のツアー『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022「Progress」』追加公演が、8月8日“8号車(超特急のファンの呼称)の日”に東京ガーデンシアターにて行なわれた。

(関連:超特急に新メンバー4名加入! 9人体制での初シングル発売、アリーナツアーの開催も

 オープニング映像が流れると、5人のメンバーがステージに登場。「8号車の日、始まったぜ!」とリョウガが叫ぶと、「a kind of love」でライブがスタートする。続けて「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど」へ。曲中、タウリン1000mgのドリンクを買ったもののライブ前に飲み忘れるというリョウガの“激おこエピソード”も披露され、さらに会場が熱狂していく。「Secret Express」、「SAY NO」と続き、ダンスも歌も変顔も出し惜しみせず、オープニングを一気に駆け抜けた。

 ひと息ついて、自己紹介。カイが客席に向かって煽る流れで、コンタクト、裸眼、レーシックを聞く場面も。レーシックをしている人はリョウガ推しが多い事実が改めて判明していた。「今日は絶対忘れない1日にしましょう」とユーキが合図をすると、メンバーカラーが使われた衣装へ早着替え。「Beasty Spider」がスタートする。雰囲気をガラリと変え、「Four Seasons」が飛び出すとグルーヴィーな空間が広がっていく。

 ここでメドレーコーナーへ。声は出せないものの、コール&レスポンスをしているかのようにメンバーが盛り上げる「Drive on week」から始まり、「Summer love」でさらに観客を沸かせていく。「Kiss Me Baby」ではタクヤがカメラ目線で色っぽく曲紹介をすると、客席から思わず歓声が上がる。「キズナアルゴリズム」、「浮つきWAVES」と思わずペンライトを振り回したくなる曲が続き、最後は夏を感じるお祭りナンバーの「CARNAVAL」で締めくくった。

広告の後にも続きます

 メドレーが終わると、あまりの盛り上がりぶりに拍手が鳴り止まない。「ありがとうございます」、「夏すぎる!」、「暑い」と口々に感想を述べるメンバーたち。「詰め込みすぎ!」という言葉を聞いたユーキは「だって8号車の日だからね。みんなが全てを出しきらないと」と笑顔で答えていた。MCでは、まずタクヤが手掛けた衣装の話へ。4月からツアーを共にした衣装は徐々に年季が入っていったようで、タカシの白い衣装がヴィンテージ風のアイボリーになってきているという話題が飛び出していた。さらに、テーマパーク風のセットに隠されたツアーロゴのうさぎがどこに潜んでいたかの答え合わせも。セットの様々な場所に隠された11羽のうさぎが、一つずつ明かされていた。

 再びリョウガが「楽しむ準備できてますか?」と会場を煽ると、謎の5人組・ぴょん特急のステージがスタートする。サイレンの音とともに現れたのは、ふわふわのうさぎの衣装にサングラスをかけたメンバーたち。ダンサブルなナンバー「ウサギミック」をキレキレに披露する。うさぎバージョンの自己紹介をし終えると、リョガぴょんが客席にキュンキュンビームを飛ばす。リョガぴょんの合図に合わせて観客がペンライトを使ってウェーブをしていくのだが、練習ではウェーブが往復せず、リョガぴょんが声を落とす場面も。しかし、本番では見事成功。するとすぐさま「よし、立つぴょん」と客席に声をかけるユキぴょん。「まだまだキュンキュンできるぴょんか?」と煽り、超特急の“妹分”であるBULLET PINKの「Guilty」をカバー。続いてダンサー4人が全歌唱を担当する「Добрый день(ドーブリジェン)」へ。餅つき担当と、パフォーマンス担当に分かれることになった結果、タカぴょんのみがパフォーマンスすることになる。最初は「あかん、踊られへんって!」と言っていたものの、しっかり踊りきり、最終的には「まだ踊りたいんやって!」と粘るまでになっていた。場所を入れ替わってステージに降りた4人は、キレキレにパフォーマンス。すると、リョガぴょんのしっぽが取れてしまう。「しっぽ、取れてるぴょん!」と発見したタカぴょんは、「Full moon」で〈まんまるいしっぽ取れてる〉と即興で歌詞を変更して歌う。そして、最後はニュース風VTRでスキャンダルが報じられ、逃げるように月に帰っていったぴょん特急であった。

 再び超特急が姿を現し、カイとタカシがボーカルを務める「Chill out @JP」でリズムに乗せて体を揺らすと紗幕を使ったパフォーマンスへ。テーマパークの案内状を見ながらステージに残ったカイとタカシは、椅子を使ったドライブゲームに合わせてパフォーマンス。続いてはリョウガとタカシがお化け屋敷に現れる。リョウガがタカシを操り、マリオネットダンスを披露。リョウガが終始、稲川淳二を彷彿させるような口調で「足だな、足だな~」、「首だな、首だな~」などと言い、笑いを生むことも忘れない。最後はユーキがシューティングゲームに合わせて、身体能力の高さを見せつける。途中ユーキが放った矢がタカシに刺さったり、ポップコーンがカイにくっついたりすると、客席からは拍手が起こっていた。最後は5人揃って効果音や光に合わせて踊る、アクセントダンスで彼らのマルチな魅力を見せていた。

 「皆さん、ペンライト点けて!」とカイが合図をして始まったのは、「超えてアバンチュール」。客席を煽ったり、ヘドバンをしたり、カメラ目線でアピールをしたり、全力の変顔をしたり。一気に超特急ワールドを繰り広げ、ラストスパートへ入っていく。「8号車の皆さん! まだまだ一緒に頂点目指していくぞ!」とユーキがシャウトすると、「BREAK OFF」へ。勢いをそのままに「バッタマン」で「8号車ー!」と雄叫びを重ねると、コミカルな「Don’t Stop 恋」でラストスパートを駆け抜けた。

 怒涛のパフォーマンスを振り返り、総合演出に携わっていたユーキからは「もう最高潮でしょう。千秋楽というのもあり、今日イチが出てると思います!」という言葉が。リョウガは10年間を振り返り、まずはハッシュタグ「#超特急へ8号車から愛を込めて」がTwitterのトレンド入りを果たしたことに対する感謝を表す。そして「10年間の感謝と、これからの10年間への感謝を込めて」と披露したのは、10周年記念日に配信リリースされた「クレッシェンド」。モニターには歌詞が映し出され、8号車へしっかり“ありがとう”を伝えようとしている彼らの気持ちが伝わってきた。最後は「最高の追加公演ありがとうございました!」と笑顔でステージを後にした。

 鳴り止まない拍手でのアンコールに呼ばれ、再び登場したメンバーたち。「最後まで、みんなで楽しい時間にしていきましょう!」と始まったのは、「Burn!」。ハンディカメラを手に、所狭しと暴れ回るメンバーにつられるかのように客席も熱狂していく。「僕たちは、超特急です!」という掛け声とともに、最後は「走れ!!!!超特急」へ。未来へ胸を高鳴らせるような、希望溢れる表情を見せていたのが印象的だった。アンコールを終えたメンバーは、客席に近づいてお礼を言い、「以上、僕たちは超特急でした!」と深々とお辞儀。大きな拍手に包まれて去っていった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル