top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古川琴音がNHKに“凱旋公演”! 朝ドラ『エール』から特集ドラマ『アイドル』までの歩み

Real Sound

×
『アイドル』写真提供=NHK

 「アイドル×戦争」をテーマにした特集ドラマ『アイドル』(NHK総合)が、8月11日に放送される。昭和初期から終戦間際まで営業を続けた劇場「ムーラン・ルージュ新宿座」にてファンに見守られながら絶対的エースとなった日本初のアイドル・明日待子役として、NHKドラマ初主演を務めるのは古川琴音。2020年の朝ドラ『エール』(NHK総合)を機に一気に飛躍していった彼女のキャリアを考えると、この作品は華々しい“凱旋公演“と言っていいだろう。

参考:古川琴音、デビューから4年も「ほとんど変化はない」 演技は“いま感じていること”を大切に

 現在25歳である古川のデビューは22歳の時。およそ4年という俳優としての経歴は驚くほど短く、それでいて濃密だ。中学高校で演劇部、大学で演劇サークルに所属していた彼女は、早くから業界人の目に留まる。デビューから約1年後に出演し、ゴスロリ少女・ミツエを演じた映画『十二人の死にたい子どもたち』への抜擢は期待の表れである。

 『エール』では、古山裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)夫妻の愛娘・華を好演。思春期真っ只中の中学3年生15歳での登場から、アキラ(宮沢氷魚)との結婚を経て、家庭を持つ物語終盤までの華を演じた。当時はほぼ無名と言ってもいい知名度ながら、母に似た芯の強い性格と娘としてどこかあどけない雰囲気を醸し出す確かな演技で朝ドラファンの信頼を得ていった。

 さらに『エール』と同時期のドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)にて、主人公・樹木(森七菜)の同居人で中国人のスーちゃんこと李思涵を演じていたことも大きかった。共演シーンこそなかったものの、森七菜もまた『エール』に出演していた、しかも役としては叔母に当たる間柄。親和性の高い組み合わせでありながら、中国人役という『エール』とのギャップが多くの視聴者の記憶に残っているはずだ。

広告の後にも続きます

 『エール』と『この恋あたためますか』を皮切りに、古川はそこからおよそ半年で映画『泣く子はいねぇが』、『花束みたいな恋をした』、『街の上で』、ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)といった話題作へと立て続けに出演する。特に『コントが始まる』は主演の菅田将暉や有村架純らと肩を並べるメインキャストの一人に。この半年には菅田のアーティスト楽曲「虹」のMVで共演していることも踏まえれば、彼女には縁深い不思議な関係性がある(その後には『前科者 -新米保護司・阿川佳代-』(WOWOW)で有村と再共演している)。

 近作としては『偶然と想像』、『メタモルフォーゼの縁側』、『今夜、世界からこの恋が消えても』の映画3作、舞台『イントゥ・ザ・ウッズ』が主な出演作に数えられる。『メタモルフォーゼの縁側』では主人公たちが夢中になるボーイズラブの漫画家・コメダ優を、『今夜、世界からこの恋が消えても』ではヒロインの同級生役にして物語の鍵を握る重要な役・綿矢泉、さらにオムニバス映画である『偶然と想像』ではその一編『魔法(よりもっと不確か)』で主人公・芽衣子を演じており、着実にキャリアを重ねながら型にハマることのない俳優像を築いている。

 今回の『アイドル』は古川にとって『コントが始まる』以来、1年2カ月ぶりという久々の地上波ドラマ出演でもある。しかし、きっと多くの者がそのことに対して意外だと思うだろう。その間の記憶を繋いでいるのは、彼女のCM出演の多さだ。『エール』出演のきっかけの一つとなったJT「想うた」シリーズをはじめに、「Renta!」、「Paravi」、「アットホーム」、「三井住友カード」、「サントリー ほろよい」と引っ張りだこ。トレードマークである笑顔、さらに彼女の声が多くのCMで印象的にフックアップされている。

 『アイドル』でも序盤はきっと古川の声に夢中になるはずだ。岩手から上京してきた訛りの強烈な15歳・小野寺とし子(後の明日待子)は、古川にとって最もおぼこさの残る役柄と言えるかもしれない。そこから劇場支配人・佐々木千里(椎名桔平)や看板女優・高輪芳子(愛希れいか)、看板俳優の山口正太郎(山崎育三郎)らと出会い、女優でもスターでもない“アイドール”となることを目指していく。

 劇場を代表する不動のセンターとして艶やかなオーラを帯びながら成長していくその過程も必見だが、筆者が観ていて心を掴まれたのはある事実を知った待子が絶望の淵に沈んでいき、そこから必死に這い上がっていくシーン。脚本を担当している八津弘幸が手掛けた朝ドラ『おちょやん』(NHK総合)の要素もありながら、筆者が重ね合わせたのは同時代が描かれている『エール』だった。特に『エール』の戦中~戦後パートに胸打たれた方にはぜひ観てほしい作品である。(渡辺彰浩)

TOPICS

ジャンル