top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

八木莉可子&IMPACTors 影山拓也、劇団ひとり監督・脚本のスペシャルドラマ『無言館』出演

Real Sound

×
24時間テレビ45 スペシャルドラマ『無言館』に出演する影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)(c)日本テレビ

 8月27日、28日に日本テレビ系で放送される『24時間テレビ45 会いたい!』内で放送されるスペシャルドラマ『無言館』に、八木莉可子と影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)が出演することが発表された。

参考:劇団ひとりが語る、『べしゃり暮らし』演出で活かされたキャリア 「お笑いって全部詰まってる」

 本作は、戦争で亡くなった画学生の絵を集めた美術館「無言館」設立のために全国を駆け巡ったある男を、実話をもとに描くヒューマンストーリー。劇団ひとりが、地上波ドラマとしては初の監督兼脚本を担当し、主人公・窪島誠一郎役で浅野忠信が主演を務める。そして、窪島と共に全国を訪ね、窪島の良きバディである洋画家・野見山暁治役を演じる寺尾聰のほか、大地康雄、笹野高史、でんでん、由紀さおり、檀ふみ、皆川猿時、渡辺真起子らが出演する。

 影山と八木が演じるのは、戦争に向かう最後の最後まで恋人の姿を描き続けた戦没画学生・日高安典と、そのモデルとなった恋人・雪江。戦争に日常を奪われた若い2人の切なく悲しい恋の物語を、役と同世代の2人が演じる。

 今回の出演にあたって、八木は「戦争について描いてある作品であるという事、また実際にいらっしゃった方を演じさせて頂くという事で、しっかりとその責任を感じて向き合いたいなという想いがありました。劇団ひとり監督とお仕事させて頂くのは初めてだったのですが、明確な『撮りたい像』を持ちつつ、役者側の意見も聞いて下さり、安心して役に挑める環境を作って下さいました。この作品に携わらせて頂いた一人として、当時を生きられた方や、今を生きる多くの皆様の心に届く作品になるといいなとお祈りしています」とコメント。

広告の後にも続きます

 さらに、初のドラマ出演となる影山は「念願のドラマ初出演で、お話をいただいた時はとにかく嬉しかったです。舞台出演の経験が多い分、映像仕様にお芝居をすることにとても苦戦しましたが、監督の劇団ひとりさんや共演者のみなさんにサポートしていただき無事にクランクアップすることができました。劇団ひとりさんと実際に現場でお会いした時は、お笑い芸人の劇団ひとりさんではなく監督そのものでカッコよかったです」とコメントした。

 監督・脚本を務める劇団ひとりは、八木について「(八木が)CMに出演しているのを見て、『雪江のイメージにぴったりだなぁ』と思い、すぐに検索して、その場でプロデューサーに連絡した」と言うほど、八木との出会いは衝撃的だったと言う。「カメラを通してみると、ものすごく絵になる方。将来とんでもない大物になる人の、最初の方を見ているのではないかと思った」と、レンズ越しにも伝わる存在感に圧倒されたという。影山については、「現役で活躍しているアイドルなのだけれど、昭和の好青年を彷彿とさせるルックスも役にぴったりで、初めてのドラマ出演にもかかわらず、そうとは思えないぐらい堂に入ったお芝居をしてくれて、安心感がありました」と言い、「2人の初々しさ、擦れてなさ、みたいなものが、若い頃の男女の空気感をしっかりと醸し出してくれた」と2人の演技を大絶賛した。

【コメント】
●八木莉可子/若き雪江役
戦争について描いてある作品であるという事、また実際にいらっしゃった方を演じさせて頂くという事で、しっかりとその責任を感じて向き合いたいなという想いがありました。劇団ひとり監督とお仕事させて頂くのは初めてだったのですが、明確な『撮りたい像』を持ちつつ、役者側の意見も聞いて下さり、安心して役に挑める環境を作って下さいました。この作品に携わらせて頂いた一人として、当時を生きられた方や、今を生きる多くの皆様の心に届く作品になるといいなとお祈りしています。

●影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)/日高安典役
IMPACTorsの影山拓也です。今回念願のドラマ初出演で、お話をいただいた時はとにかく嬉しかったです。舞台出演の経験が多い分、映像仕様にお芝居をすることにとても苦戦しましたが、監督の劇団ひとりさんや共演者のみなさんにサポートしていただき無事にクランクアップすることができました。劇団ひとりさんと実際に現場でお会いした時は、お笑い芸人の劇団ひとりさんではなく監督そのものでカッコよかったです。「無言館」を見ていただいた方に感動をお届けしたいのと同時に、影山拓也とIMPACTorsを1人でも多くの方に知っていただければと思っています。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル