top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『純愛ディソナンス』吉川愛をもてあそぶ比嘉愛未 登場人物の歪んだ感情が人生を壊し合う

Real Sound

×
『純愛ディソナンス』(c)フジテレビ

 歯車は狂ったまま回り続ける。正樹(中島裕翔)と冴(吉川愛)を取り巻く環境は刻一刻と穏やかではない方向に進んでいた。『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)の第5話では、愛菜美(比嘉愛未)が冴をもてあそび、正樹との関係を試すような様子が描かれる。

参考:『純愛ディソナンス』これまで以上に強く惹かれる正樹と冴 中島裕翔から色気が漏れ出す

 強く惹かれ合う正樹と冴だが、正樹が既婚者であることから2人は前に進めずにいた。そんな中、愛菜美はわざと冴に分かるように正樹との仲が順調であることを仄めかす。さらに冴に対して「恋していないのか」「小説家になるなら恋は知るべき」など、冴の欲しがっているものを自分は持っているのだと強調する。しかし冴はそれを悪意だと捉えられずにいた。

 一方、路加(佐藤隆太)は正樹に忍び寄り、あえて愛菜美との結婚記念日に遠方での仕事を入れる。そこで正樹と冴を二人きりにし、何かが起きるかを愛菜美と賭けるのであった。路加が勝っていれば愛菜美と一夜を共に過ごすことになっていたが、正樹と冴はお互いに親密さはありつつも、スキャンダルになるようなことは何も起こさなかった。加えて、2人は今のままではこの関係は前に進めないことを重々承知している様子。結果として、賭けに勝ったのは愛菜美だった。

 路加の策略により、正樹と冴はすっかり引っ掻き回された。なぜか愛菜美に近付こうとする路加は、正樹と冴のあいだに起きてはいけないスキャンダルを起こさせようとする。路加が愛菜美の父・賢治(光石研)に恨みがあることは明らかになっているが、なぜ愛菜美にここまで執着しているのかは未だ謎のまま。これが何かの策略なのか、満たされない心を埋めるための刺激なのかは定かではない。

広告の後にも続きます

 だが愛菜美もまた、退屈で満たされない気持ちを解消するかのごとく、冴をもてあそぶ。アシスタントに指名し、将来の夢をちらつかせては冴を手のひらで転がし、正樹のことさえ冴をもてあそぶ餌にする。路加と愛菜美は満たされない者同士。そして「誰かの特別になれなかった」者でもある。この2人が他人に対して歪んだ欲望があることは明らかだ。その歪な想いが真っ直ぐな冴や、自分の気持ちに抗えない正樹にどう影響していくのかは、今後も注目していきたい。

 さらに第5話では、冴の母の静(富田靖子)が再登場。センセーショナルな毒親ぶりで世間を震撼させた静だが、またも冴の人生に暗い影を落とすのかと思うと心が重くなる。相変わらず巧妙な手口で付け入り、冴を支配しようとしていた。だが彼女もまた、なにか問題を抱えていそうな様子。『純愛ディソナンス』の恐ろしいところは、それぞれの登場人物の歪んだ感情が、それぞれの人生をぶち壊し合っているところだろう。静は冴の人生を壊し、路加の行動は愛菜美と、その家族や夫、はては冴にまで影響を及ぼしている。そして懸命に冴を守ろうとする慎太郎(髙橋優斗)さえ、愛菜美や静からの被害がないと言えば嘘になる。誰もが巻き込まれ、純粋で悪意のない人間までもが不条理に傷つけられているのだ。しかし本作においてこの刺激と背徳感は、時に人の心を強く動かす。路加が愛菜美に依頼した小説の草稿を読んでセカンドパートナーへの背徳感と燃え上がる気持ちを語っていたが、そうした複雑な感情を視聴者に植えつけているのかもしれない。(Nana Numoto)

TOPICS

ジャンル