top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

話題のタイ映画『プアン/友達と呼ばせて』製作総指揮は巨匠ウォン・カーウァイ!【出演俳優インタビュー】

女性自身

×

話題のタイ映画『プアン/友達と呼ばせて』製作総指揮は巨匠ウォン・カーウァイ!【出演俳優インタビュー】

本国タイで大ヒット、日本などアジア各国でも話題になった映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督待望の新作『プアン/友だちと呼ばせて』が、公開後初の週末の、ミニシアター系映画の興行収入ランキング(興行通信社調べ)で2位につけるなど、好調なスタートを切っている。

 

タイ各地とニューヨークを舞台にした本作は、色鮮やかな映像と耳に残る音楽もあって鑑賞後も深い余韻を残す。それもそのはずで、本作品は巨匠ウォン・カーウァイ監督がプロデューサーとして携わっている。バズ監督が意識的に取り入れたというオマージュ部分からは、ウォン・カーウァイ作品のシーンがきっとよみがえってくるだろう。

 

タイ×香港出身の名監督2人が手掛けた作品に、W主演として挑んだタイの人気俳優2人にインタビューをお願いした。

広告の後にも続きます

 

【あらすじ】

「死ぬ前に頼みを聞いてくれ」――。ニューヨークでバーを経営するボス(トー・タナポップ)のもとにそんな電話がかかってきた。電話の主は数年前にニューヨークからタイへ戻ったウード(アイス・ナッタラット)からだった。白血病で余命宣告を受けたウードは『元カノに返したいものがあるから運転手をしてくれ』とボスに頼み、2人の旅が始まった。

 

ボス役/トー・タナポップ

’94年生まれ。モデル、歌手としても活動。代表作にヒット学園ドラマ『Hormones:シリーズ』(’13~’14年)、『プロジェクトS:ザ・シリーズ』(’17年)などがある。タイの人気俳優のひとり。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル