top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

親戚でもマスク会食、挨拶まわりはNG!「コロナ禍の帰省」7つの最新ルール

女性自身

×

親戚でもマスク会食、挨拶まわりはNG!「コロナ禍の帰省」7つの最新ルール

「新型コロナワクチン接種完了後、2~3カ月で新規感染する方が、かなり出てきています。65歳以下で基礎疾患がなく、3回目接種を完了した方でも、『自分はコロナウイルスに感染しているかもしれない』という意識を持ちましょう」

 

こう話すのは、高知総合リハビリテーション病院院長で感染制御ドクターの小川恭弘先生だ。

 

新型コロナワクチンは「接種後4~5カ月で感染予防効果が薄れてくる」とされるが、その前段階でも感染リスクがあるようなのだ。よって無症状の感染も含めれば、私たちは「つねに自分が感染しているつもり」で行動すべきだと、小川先生は説く。

広告の後にも続きます

 

3日、1日の新規陽性者数が24万9千830人で過去最多となり、第7波が猛威を振るうが、岸田政権が行動制限する動きは見られない。こうして緊急事態宣言やまん延防止等重点措置のない夏休みを迎えるのだが、小川先生は、「とくにお年寄りや、基礎疾患のある方の存在を忘れないで」と訴える。

 

発表されている厚生労働省の感染者動向(8月2日時点)の「性別・年代別重症者数」では、男女ともに70代以上の多さが顕著だ。現在も重症者の大半が70代以上の高齢者である状況は変わらない。

 

「高齢の両親のいる故郷に里帰りするなどという行動は、『うつしに帰る』ようなもの。親御さんや親戚が『いま会っておかなければ、もう会えないかもしれない』状態であるほど『感染したら重症化しやすい』と考えてください」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル