top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

お前らほんとに可愛すぎ!熊大好きなジムおじさん、今日もクマーをモフりまくる

カラパイア


 アメリカのニューヨーク州で、「クマおじさん」ことジム・コワルジックさんが運営しているオーファンド・ワイルドライフ・センターには、今もたくさんの保護熊たちが暮らしている。

 今日もジムさんは、ここの熊たちとイチャコラを楽しんでいるよ。その様子がまるで無邪気な少年みたいなんだ。



Just a boy roughhousing with his adorable bears.

 思い思いにくつろいでいるクマーたちのところへやって来たジムさん。

 ゴロンと転がっていたジェニーさんに、まずはモフモフのご挨拶。

 次に手前にいたエイミーさんに抱き着いてナデナデ。

 ほんと可愛すぎ! ハグしちゃう!

 ジェニーさんとエイミーさんは親友同士で、両方とも15歳のシリアヒグマなんだって。シリアヒグマはその名のとおり、トルクメニスタンからトルコに至る中東原産のヒグマである。

 だが現在、生息が確認されているのはトルコ、イラン、イラクのみ。他の多くの国々では、残念ながら既に絶滅したのではないかと言われている。唯一シリアの山中で近年足跡が発見されたが、現地の状況が状況なので、生息の確認には至っていないようだ。

 仲良くじゃれ合って遊ぶジェニーさんとエイミーさん。シリアヒグマの特徴は、この2頭を見てもわかる通り、麦わら色の体毛にある。

Jenny and Amy – when bears roughhouse it is always something to see and admire!

 この色は、もともとの生息地域の環境に適応した体色なのかもしれないね。いつか彼らが数を増やして、故郷の大地を自由に歩けるようになるといいのだけれど。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル