top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

旭川大高が最後の甲子園で全国の球児に与えた希望。王者・大阪桐蔭に一歩も引かず「どれだけ強い相手でもいい試合ができる」

web Sportiva

×

 終わってみれば大金星とはならなかった。だが、大横綱を土俵際まで追い詰め、慌てさせた。旭川大高(北北海道)は下馬評を覆す試合運びで、大阪桐蔭と渡り合った。

 試合後、大阪桐蔭の西谷浩一監督は開口一番、このように語っている。

「『しぶとく、粘り強い野球』をウチは身上にしているのですが、それを相手に前半やられてしまいました」


下馬評を覆し、大阪桐蔭と五角の戦いを演じた旭川大高ナイン

大阪桐蔭の「圧」にも平然

 秋の明治神宮大会、春の選抜高校野球大会を連覇。大阪桐蔭は秋春夏の高校野球完全制覇をもくろむ、誰もが知るエリート校である。全国各地から志の高い好素材が集まり、たしかなノウハウを持った指導陣のもと究極の域まで己を高める。他校にとってやっかいなのは、この名門は少しも油断せず常に勝利に飢えていることだ。

広告の後にも続きます

 試合前のシートノックから大阪桐蔭の「圧力」は始まっている。超高校級の技術だけでなく、内野陣から「ゴォ〜」と湧き上がる雄叫びは迫力を増幅させる。初めて大阪桐蔭を見たファンなら、きっと圧倒されるはずだ。

 ところが、旭川大高の正捕手を務める大渕路偉(ろい)は少し変わった見方をしていた。

「すごく勢いがあったんですけど、でも勢いがある分、ミスも起きるかな? と思っていました」

 試合前から大阪桐蔭にのまれることはなかった。そして大渕の見方どおりなのか、大阪桐蔭はこの試合で2個のエラーを犯している。

 大阪桐蔭が相手だからといって、特別な指示もなかった。今年で監督30年目の端場雅治監督は言う。

「自分たちの持っているものを100パーセント表現する。守りはノーミス、攻撃は送れるところは送って、チャンスで一本出す。やるべきことを100パーセントやろうと選手には伝えました。大阪桐蔭に対して(の指示)、ということではありません」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル