top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロ初勝利、初完封、球宴初出場…順風満帆から一転、ソフトバンク大関友久がガン疑いの発覚直前に語っていたこと

web Sportiva

×

 衝撃的な一報が飛び込んできたのは、8月3日の午後3時半のことだった。午後4時ちょうどの情報解禁つきで球団から「広報連絡」で送付されたメールには以下のような一文が記されていた。

<報道各位 大関友久投手に左精巣がんの疑いがあり、昨日福岡市内の病院にて左睾丸の高位精巣摘除術を受け無事終了しております。競技復帰は未定です>(原文ママ)

 目を疑った。いや、「何だこれは……」と頭のなかが一瞬パニックになったという表現のほうが正しい。

 その後、球団広報が取材に応じ、経緯などの説明があった。それによると、7月30日の西武戦(PayPayドーム)に先発し2回1/3を6安打4失点で敗戦投手になっていた大関は、先週末に左睾丸のしこりや違和感をチームトレーナーに訴えていた。痛みなどはなく、生活への支障はなかったというが、8月1日に泌尿器科を受診。そこで腫瘍が見つかった。

 悪性の可能性もあるというので翌2日にセカンドオピニオンで別の病院で検査を受けたところ、やはり悪性の腫瘍である可能性があるとされ、同日夜に手術を受けた。その時点で、今後は摘出部位の病理検査を行なって腫瘍が良性か悪性かを判断。そのうえで、治療方針などを検討していくことになるということだった。

広告の後にも続きます

 じつは、大関が最初に病院に行ったという1日午後、この記事のための取材を申し込んでおり、予定どおりに電話にてインタビューを行なっていた。

 前半戦の活躍はもちろん、7月26日に行なわれたオールスターゲーム第1戦でパ・リーグの先発投手に大抜擢されていた。普段と変わらぬ誠実な様子で、こちらの質問に真摯かつ誠実に応対してくれた。あの時の大関が受診前だったのか不明だが、次回登板に向けた話題についても興味深いことをたくさん話してくれていた。だからこそ、余計にショックが大きかった。

千賀、甲斐をしのぐスピード出世

 大関は今季入団3年目の現在24歳。名は体を表すとも言うが、大関の名に恥じない身長185センチ、体重94キロの立派な体躯。ストレートは150キロ前後を常時マークし、スライダーやフォーク、ツーシームなどの変化球を自在に操る。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル