top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「『ハイキュー!!』は勉強になる」と清水邦広。同じサウスポーの牛島若利に似ていると言われるが「彼はすごすぎます(笑)」

web Sportiva

×

パナソニックパンサーズ・清水邦広インタビュー 前編
『ハイキュー‼』の魅力について

 8月13日、14日に大田区総合体育館で開催される、マンガ『ハイキュー‼』とV.LEAGUEのコラボマッチイベント「ハイキュー‼×V.LEAGUE ALLSTAR SPECIAL MATCH “THE VOLLEYBALL”」。14日はV.LEAGUE「DIVISION1 MEN」のチームから選抜された選手たちによるエキシビションマッチが行なわれるが、そこに出場する予定のパナソニックパンサーズの清水邦広に、『ハイキュー‼』の魅力、気になるキャラクター、現役選手も「勉強になること」などを聞いた。


『ハイキュー‼』について語った、パナソニックパンサーズの清水選手 photo by 中西美雁

***

――『ハイキュー‼』のどこに魅力を感じますか?

「すべてが心に響くというか、1巻から入り込んでいけるところがすごいですね。僕たちのような現役の選手にとっても勉強になるような、本当に現実に近い描写が多いです。烏野高校の日向翔陽、影山飛雄だけじゃなく、みんなが主人公。ポジションに関係なく、すべての登場人物にストーリーがあるところに引き込まれます」

――作中に出てくる超人的なプレー、例えばミドルブロッカーの日向とセッターの影山が見せる「変人速攻」なども実現可能なプレーなんですか?

「ああいうプレーもありますよ。パナソニックパンサーズでいえば兒玉康成選手、サントリーサンバーズの小野遥輝選手なども打つタイミングが早いミドルブロッカーで、トスが上がる前にジャンプしていることが多い。少し高さはなくなりますが、相手のブロックが完成する前に決める攻撃はすごく有効です。

 その他だと、試合中の駆け引きもリアルですね。白鳥沢学園戦でエースの牛島若利を止めるために、烏野の月島蛍が最初はスパイクのラインを開けておいて、いざという時に締めるといった場面もそう。思わず『わかるなぁ』となってしまいますし、Vリーグの試合を見ているような感覚になります」

――清水選手がトスを上げてもらうとしたら、セッターは誰がいいですか?

「青葉城西高校の及川徹ですかね。影山もいいんですが、彼はどちらかというと2アタックもする”攻撃型”なセッター。一方で及川は、アタッカーに気持ちよく打たせる選手という印象があります。普段よりも打点が高くなるというシーンを見ると、『あのトスを打ってみたい』となりますね。

 もちろん、影山のようにピンポイントに合わせてくれるセッターもいいんですけど、及川は持っているものを引き出してくれそう。トスはそんな感じなのに、サーブは強いというギャップも魅力的です」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル