top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

LinQ[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]ステージを8色に輝かせた圧巻パフォーマンス

Pop’n’Roll

×

LinQ[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]ステージを8色に輝かせた圧巻パフォーマンス

<六本木アイドルフェスティバル2022>が、7月29日(金)、30日(土)、31日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。今年は3年ぶりに3デイズ開催となり、これからシーンを牽引していくであろうニューカマーから、長年活躍を続けるベテランまで、熱量の高いパフォーマンスをくり広げた。本記事では、7月30日に登場したLinQのフォトレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

18時40分、日差しもかなり落ちてはいたが、まだ蒸し暑さが残る六本木ヒルズアリーナに、“私たちLinQが笑顔の架け橋になりますように”という声がSEとともに響く。すると、メンバーカラーを基調としたチアガールの衣装を身に纏ったメンバーが、笑顔いっぱいに登場。衣装に使用されているスパンコールに照明が照らされ、会場が一気にパッと明るくなる。8人は、冒頭からポジティブオーラ全開のパレードソング「ハレハレ☆パレード」、キャッチーで耳に残る「Supreme」と続けて、熱気あふれるパフォーマンスをくり広げた。

“今日のお客さん超ノリよくない!? LinQのダンス教えたら踊ってくれますか?”と副リーダー・海月らなが、通称“笑顔の輪っか カニさんチョキチョキダンス”を観客にレッスンし、「FUKUOKA。〜福を可するのだ♪〜」に突入。ところどころに福岡弁を交えたポップな楽曲に乗せて、オーディエンスもレクチャーされたダンスで呼応していく。底抜けに明るい楽曲「祭高音頭」、「人生最強・花景色」では、コミカルな動きを交えながら、8人は舞台上を駆け回り、躍動感溢れるステージを展開する。

ラストには、「for you」をパフォーマンス。メンバーの新木さくらは、8月20日(土)に卒業を控え、LinQとしては<RIF>最後のステージ。ソロパートでは、名残惜しそうに感情を込めて歌い上げているのが印象的だった。

この日LinQは、お昼に福岡でもライブを行ない、その後、急いで飛行機に乗り東京までやってきたという。開始からバイタリティ溢れるパフォーマンスを続け、最後まで元気な歌声と弾ける笑顔を届けて会場全体を魅了した。

LinQ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

LinQ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

広告の後にも続きます

LinQ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

TOPICS

ジャンル