top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カミソリ、クリーム、毛抜き…自宅での「ムダ毛処理」、皮膚科医はどれを推奨?

オトナンサー

×


専門医がお勧めする方法は?

【ビフォーアフター】“ボーボー”だった男性の「すね毛」、セルフケアでこんなに“つるつる”に!

 夏になると気になるのが「ムダ毛」です。クリニックやサロンなどで脱毛する方法もありますが、気になったときに自宅ですぐできる「自己処理」派も多いことでしょう。自宅で処理する代表的な方法としては、「カミソリ」「除毛クリーム」「毛抜き」「除毛器・脱毛器」がありますが、「手軽なのでクリーム派」「毛抜きで1本ずつ抜くのが結構楽しい」「結局、どの方法がいいの?」「部位ごとに変えるべきなの?」など、さまざまな声が上がっています。

 医学的観点からみて、自宅でのムダ毛処理として最も推奨されるのはどの方法なのでしょうか。東京ブランシェクリニック(東京都港区)の鈴木三奈さん(美容皮膚科)に聞きました。

除毛クリーム、毛抜きは「使えない部位」も

Q.自宅でできるムダ毛処理の方法について、それぞれの特徴やメリット/デメリットを教えてください。

広告の後にも続きます

鈴木さん「自宅でムダ毛処理を行う際の代表的な方法は、次の4つです」

【カミソリでそる】

カミソリを使ってムダ毛を処理する方法です。メリットは、気になったときにすぐお手入れできる手軽さです。化粧ポーチに入れておけば、どこでも気軽にシェービングができます。また、VIOラインや顔の産毛も処理できます。

デメリットとしては、刃を直接肌に接触させるため、肌へのダメージが大きいことです。特に敏感肌や乾燥肌の人は、角質層も一緒に除去してしまう可能性が高く、ダメージも大きくなります。また、カミソリでの処理は効果の持続期間が非常に短く、ムダ毛がすぐに伸びてきて目立ちやすいです。1日で脇毛0.1ミリ、陰毛0.2ミリといった速さで伸びるため、1日程度で毛が出てざらざらしてしまいます。さらに、毛が濃くなったように見えやすいです。これは、ムダ毛をそると毛の先端部がシェービング前よりも太くなり、表面積が大きく見えるためです。

【除毛クリームを使う】

クリームの成分である「チオグリコール酸カルシウム」が毛のタンパク質を溶かすことで除毛できます。メリットは、ムダ毛を処理したい部位に塗って放置し、洗い流すだけなので、誰でも自宅で簡単に行えることです。また、毛の太さに関係なく除毛できます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル