top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

恐ろしい病気になることも? 犬の「蚊」対策を獣医師に聞く

オトナンサー

×


犬も蚊に刺される?

【蚊に注意!】蚊遣り豚、蚊取り線香は犬にも有効?

 蚊に悩まされる季節になりました。蚊取り線香や虫よけスプレーで対策をする人も多いと思いますが、人と一緒に暮らす犬も蚊に刺されることがあるのでしょうか。また、刺されると人間のようにかゆみを感じたり、刺された場所をかいてしまったりするのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

フィラリア症に要注意

Q.犬も蚊に刺されることがあるのでしょうか。刺されるとかゆみを感じたり、刺された場所をかいたりするのですか。

増田さん「犬も蚊に刺されます。日本では、アカイエカ、トウゴウヤブカ、ヒトスジシマカといった蚊が多く存在しますが、これらは犬の血も吸います。

広告の後にも続きます

人間は蚊に刺されるとかゆみを感じますが、これは吸血する際、血液凝固を抑制する物質を蚊が注入し、その物質がかゆみを生む原因となっています。蚊が吸血するメカニズムは犬でも同様のため、犬もかゆみを感じると考えられています。しかし、人間ほどには強いかゆみは感じないようで、頻繁に皮膚をかくことは少ないようです。

ただし、犬によっては蚊の吸血に対して強いアレルギーが発生する場合があります」

Q.蚊に刺されたことによって病気になることがあるのでしょうか。

増田さん「蚊が関連する疾患の代表として、『犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)症(フィラリア症)』があります。

蚊が『犬糸状虫』という寄生虫にすでに寄生を許している犬の血を吸うと、蚊の体内に犬糸状虫の幼虫が入り、その蚊が他の犬を吸血する際に、蚊の体内にいた幼虫が他の犬に寄生します。幼虫は皮膚から血管に入り込んで数カ月かけて育ち、最終的に心臓や肺動脈に成虫が寄生します。

犬はこの虫に寄生されると、血液循環が悪くなる『循環不全』や、腹水がたまるといった症状が出ます。治療をしても寄生される前と同じ状態には戻らないので、とにかく寄生させないための予防が重要です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル