top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平の偉業達成の裏で…試合序盤に見られた好?珍?プレーにファン「なんだこれwww」「よく取ったな」「反応速度すげぇ」

ABEMA TIMES

×

【MLB】アスレチックス1-5エンゼルス(8月9日・日本時間10日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場し104年ぶりの「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」を達成した試合の序盤、エンゼルスが惜しくも先制のチャンスを相手のドタバタしたプレーに阻まれる場面があった。

【映像】アスレチックス内野陣のあわや落球!?のプレー

 エンゼルスは2回、先頭のアデルが四球で出塁する。2アウト後、打席には8番ロハス。ロハスはカウント1-2からの4球目を打ちに行くが、打球は内野フライとなった。しかし、マウンドの後方に打ち上がったフライにピッチャー、サード、ショートが同時に落下点に入ろうとした結果、3人が密集。ボールをキャッチしようとした投手のキャプリーリアンに、同じくキャッチしようとしたサードのマチンがスライディングしてしまい、衝突が起きてしまった。ボールは一度キャプリーリアンのグラブからこぼれたが、これをキャプリーリアンが空中でキャッチし直すことに成功。珍プレーとも好プレーとも言えるドタバタしたプレーで、エンゼルスはこの回無得点に終わった。

 ABEMAの視聴者からも「よく取ったな」「ナイスプレーw」「ファインプレー」「すげー反射神経やなw」と感心するコメントとともに、「あぶな」「なにこれ」「わちゃわちゃ」「サーカスか」と呆れたようなコメントも寄せられた。さらには「珍プレーきたー」「プロのコント集団か!」「ひでえ守備するなあ」「笑わすためにやってるのか」といった辛辣なコメントも。試合序盤とはいえ、少し緊張感に欠けたプレーとなった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル