top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

C大阪が劇的同点弾で2年連続ベスト4進出! 2点のビハインドを追いつき2-2ドロー、アウェーゴールで上回り準決勝へ【ルヴァン杯準々決勝第2戦】

SOCCER DIGEST Web

×

C大阪が劇的同点弾で2年連続ベスト4進出! 2点のビハインドを追いつき2-2ドロー、アウェーゴールで上回り準決勝へ【ルヴァン杯準々決勝第2戦】

 Jリーグは8月10日、ルヴァンカップ準々決勝第2戦の4試合を各地で開催。等々力陸上競技場では川崎フロンターレ対セレッソ大阪が行なわれ、2-2のドローに終わった。

 序盤から攻勢に出たのは、ホームの川崎だった。ことごとくセカンドボールを拾ってボール保持し、テンポの良いパス回しからアタッキングサードに侵入。再三にわたり好機を生み出していく。

 C大阪は粘り強い守備で耐えていたが、40分に川崎が先制。ペナルティエリア手前で細かくつなぎ、見事な連係からレアンドロ・ダミアンがシュートを放つ。これはDFのブロックに遭い、そのこぼれ球をマルシーニョが押し込んでネットを揺らした。
 
 主導権を握るホームチームは53分に追加点。左サイドでパスを受けたマルシーニョがドリブルで仕掛け、ペナルティエリア左角付近から中央へ横パスを供給。L・ダミアンからのリターンパスに反応したマルシーニョが右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

 C大阪は2点のビハインドを負うも、最後まで諦めず、速攻からチャンスを作ると終了間際の90分に加藤陸次樹が1点を返す。そしてラストワンプレーとなった90+6分、山田寛人がヘディングで土壇場に同点ゴールを挙げ、2-2のドローに持ち込んだ。

 C大阪のホームで行なわれた第1戦は1-1のドロー。2戦合計3-3で、アウェーゴールの数で上回ったC大阪が昨年に続いて2年連続でのベスト4進出を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ルヴァンカップ全大会のMVP受賞者を一挙振り返り!(1992~2021)

【PHOTO】劇的弾に歓喜!最後まで選手を後押ししたセレッソ大阪サポーターを特集!

【ルヴァン杯準々決勝第2戦PHOTO】川崎2-2C大阪|ラストプレーで山田寛人が劇的ゴール!劣勢を跳ね除けベスト4進出!
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル