top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ

テニス365

×


カミラ・ジョルジ
画像提供:Getty

女子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)は9日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク29位のC・ジョルジ(イタリア)が第9シードのE・ラドゥカヌ(イギリス)を7-6 (7-0), 6-2のストレートで破り、2年連続3度目の初戦突破を果たした。

>>セリーナらナショナル・バンクOP組合せ・結果<<

>>西岡らナショナル・バンクOP組合せ・結果<<

2021年の同大会決勝で当時世界ランク6位のKa・プリスコバ(チェコ)を6-3, 7-5のストレートで破り優勝を飾ったジョルジ。この試合、ファーストサービスが入った時に71パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは6度のブレークに成功し、1時間49分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでジョルジのコメントを紹介している。

「素晴らしい試合だった。カナダに戻ってくるのは、いつでも素晴らしいこと。ここでプレーするのが大好きだわ」

ジョルジは2回戦で世界ランク37位のE・メルテンス(ベルギー)と対戦する。

同日には、第10シードのC・ガウフ(アメリカ)、第12シードのB・ベンチッチ(スイス)、世界ランク22位のA・アニシモワ(アメリカ)、同53位のB・アンドレースク(カナダ)、同72位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)らが2回戦へ駒を進めた。



TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル