top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ストレスが溜まっている人はとにかく日光を浴びるべき超重要な理由とは?【ストレスの話】

ラブすぽ

×

ストレスが溜まっている人はとにかく日光を浴びるべき超重要な理由とは?【ストレスの話】

カギを握るのは神経伝達物質のセロトニン

医学的には、日照時間とうつ病との間には密接な関係があるとされ「日常的に日光を浴びている人は、そうでない人に比べてうつ病の発症率が低い」と考えられています。総務省が発表した国別の自殺死亡率調査を見ると、日本と同じか、さらに高緯度にある、日照時間の短い国で自殺の多いことがわかります。

これだけで「日照時間が短いとうつ病による自殺が多い」とは断言できませんが、少なくとも緯度の高さと自殺に、何らかの関係があることはうかがえそうです。そもそも、どうして日光を浴びる時間が少ないとうつになるのでしょうか。

そのカギを握るのは、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質です。セロトニンには心のバランスを整える、精神安定剤のような作用があります。ですからこの物質が不足すると、ストレスやイライラ感が募り、不眠やうつの症状が見られるようになるのです。

このセロトニンの働きを活性化するには、日光を浴びることが大切。太陽の光が網膜を刺激することで分泌が促されます。つまり、日照時間が短く日光を浴びる時間が少なければ、セロトニンの分泌量も減り、うつを発症するリスクも高まるわけです。1日30分ほど日光を浴びることで、セロトニンによるストレスの軽減やうつ予防の効果があるとされています。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 ストレスの話』

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル