top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

飛距離アップには打点コントロールが必須な理由とは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

ラブすぽ

×

飛距離アップには打点コントロールが必須な理由とは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

打点を操作する練習は絶対に必要です!

●感圧シールを貼って普段から練習しよう
フェース面のどこでボールをとらえるかということが、飛距離アップに直接つながります。

この、打点の管理には特別なアプローチが必要です。具体的には、打点をコントロールするための専用の練習をし、打点を調節する技術を身につけることが必要です。

フェース面に貼って打痕を残す感圧シートを使って、打点をチェックしてください。

ズレていたら試行錯誤します。意識して打点を操作する感覚を普段から磨くことでしか、飛ばしのための打点の最適化はできません。

【かっ飛び!Point】
打点をコントロールする技術を身につけましょう。そして、いちばん飛ぶ打点を探してください。

広告の後にも続きます

ヒールに当たったら次はトゥ寄り、下目に当たったら次は上目など、意識して打点を操作できるようにする。
「いまの感じだとこのくらいヒール寄り」などと感知できるようになろう

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル