top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

町田康、新刊ははじめての自分語り 幼少期から還暦まで、創作の裏側を暴露

Real Sound

×

 現代文学の大立者・町田康が、自身の創作の裏側について、はじめて内面を「暴露」する『私の文学史 なぜ俺はこんな人間になったのか?』(NHK出版)が8月10日に発売される。

 独特な文体・語法と奇想天外な物語で幅広い読者を有し、多数のヒット作を発表してきた作家・町田康。一度読んだらやみつきになる、あの文学世界は、いかにして生まれ、進化してきたのか――。

 『私の文学史 なぜ俺はこんな人間になったのか?』では、人生初の試みという「自分語り」を幼少期から還暦を迎えた現在まで、好きだった本や作家、自身の作品解説といった文学世界はもちろん、影響を受けた民謡・浪曲・落語・ロックなどの芸能世界も取り込みながら、徹頭徹尾、町田ワールドを全開する。文芸ファンなら誰もが気になる謎について、町田康自らが内面を「暴露」する驚きの一冊だ。

 注目は、「町田語録」ともいうべき名文句の数々。「あの世とこの世の間のその世」「わからんけどわかるのが詩の本質」「土俗卑俗にこそ真実がある」などは、建前と本音、高尚と低俗、ストーリーとギャグのあわいで葛藤してきた作家の本心を表すもの。なかでも、自らの文体のキモ=「言葉を並べてええ感じにする」ために、いかに自動的な言葉を使わず、自分が配合した言葉を用いるかについて語るくだりは、町田康という表現者の凄み・特異性を際立たせている。マス言語(世の中に溢れた言葉)に抵抗して、自力で脳のバリアを突破する――。それが自分のやるべきことであり、自分にとっての日本文学だと断言する。

 町田康を知っている人も知らない人も、この本を読めば、その魅力に最大限触れられることは間違いないだろう。

広告の後にも続きます

※本書は、NHK文化センター青山教室にて、2021年10月から2022年1月にかけて行われた講座「作家・町田康が語る〈私の文学史〉」の講義をもとに加筆・修正し、編集したもの。

著者

町田 康 (まちだ・こう)
1962年、大阪府生まれ。作家。81年レコードデビュー。92年に詩集『供花』発表。96年「くっすん大黒」で作家デビューし、同作でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、01年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、02年に短編「権現の踊り子」で川端康成文学賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。近年は『宇治拾遺物語』の現代語訳や『義経記』を翻案した『ギケイキ』などにも取り組む。小社刊に、中原中也の詩に言葉を寄せた『残響』がある。

目次

第一回 本との出会い――書店で見つけた『物語日本史2』
第二回 夢中になった作家たち――北杜夫と筒井康隆
第三回 歌手デビュー――パンクと笑いと文学
第四回 詩人として――詩の言葉とは何か
第五回 小説家の誕生――独自の文体を作ったもの
第六回 創作の背景――短編小説集『浄土』をめぐって
第七回 作家が読む文学――井伏鱒二の魅力
第八回 芸能の影響――民謡・浪曲・歌謡曲・ロック
第九回 エッセイのおもしろさ――随筆と小説のあいだ
第十回 なぜ古典に惹かれるか――言葉でつながるよろこび
第十一回 古典の現代語訳に挑む
第十二回 これからの日本文学
読書案内
あとがき

書誌情報

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル