top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

愛子さま 3千万円ティアラ制作を再び固辞!受け継がれる両陛下の倹約精神

女性自身

×

愛子さま 3千万円ティアラ制作を再び固辞!受け継がれる両陛下の倹約精神

通われている学習院大学も夏休みに入った愛子さま。どのような日々を過ごされているのかーー。

 

「愛子さまは平安期の文学を好まれています。『源氏物語』などの長編作品を読みこなすことをご自身の課題とされていると伺っています」(宮内庁関係者)

 

コロナ禍だけでなく、今夏は連日の猛暑や豪雨が日本列島を襲い、国民を苦しめている。愛子さまはそうした状況に深く心を寄せられていた。

広告の後にも続きます

 

「夏は各省庁からの概算要求が行われますが、宮内庁が来年度予算案に愛子さまが着用されるティアラなど装飾品の制作費を計上しないことが明らかになりました。コロナ禍で国民が苦しむなかで、両陛下のお気持ちを愛子さまが考慮されて固辞されたのです。

 

学費が払えずに学業を断念した人や成人式にも出ることができなかった人が、愛子さまの同世代には多くいます。そんな社会情勢のなかで、制作費が3千万円以上になるティアラに税金が費やされることを望まれなかったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 

昨年12月に成人された際にも、新しいティアラの制作を辞退された愛子さま。叔母の黒田清子さんのティアラを借り受けて行事に臨まれたことが話題となった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル