top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【映画批評】成田凌と悪夢的な世界を彷徨う異世界ファンタジー『コンビニエンス・ストーリー』ホラーとは違う怖さがあります

Pouch[ポーチ]

×

【映画批評】成田凌と悪夢的な世界を彷徨う異世界ファンタジー『コンビニエンス・ストーリー』ホラーとは違う怖さがあります

【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回、ピックアップするのは三木聡監督らしさが炸裂する異世界ファンタジー『コンビニエンス・ストーリー』です。主演は成田凌さんと前田敦子さん。山奥にポツンと佇むコンビニエンス・ストアに吸い込まれるように入っていく主人公。このコンビニの中には何かあるのか……?

では物語からいってみましょう!

【物語】

主人公は、売れない脚本家・加藤(成田凌さん)。恋人の愛犬が書きかけの脚本にイタズラをしたことに腹を立て、犬を山奥に捨ててしまうのです。しかし、良心が咎めた彼は犬を探しにいくものの、見つからないどころか乗ってきた愛車まで見失ってしまいます。

途方に暮れる中、彼が見つけたのはポツンと佇むコンビニエンス・ストア。中に入ってみると、オーナー(六角精児さん)の妻の惠子(前田敦子さん)が働いており、加藤は彼女に助けられ、泊まらせてもらうことになるのですが……。

【三木監督らしい悪夢的なファンタジー】

広告の後にも続きます

時効警察』シリーズや映画『大怪獣のあとしまつ』など、シュールで独特なユーモアが持ち味の三木聡監督の最新作は、三木節が炸裂する異世界ファンタジー。

とても悪夢的な世界で、映画を観終わった直後には「なんか変な夢を見たな…」という感覚に。

どこに連れて行かれるのかわからないドキドキ感は三木監督作ならでは! よくわからなくなってしまうのですが、吸い込まれるように観てしまいました。

【ドリンク売り場に要注意!】

本作は前半の早いうちから、メイン舞台となるコンビニに加藤が吸い込まれていきます。

加藤が飲み物を買おうと、ドリンク売り場の冷蔵ケースのドアを開けて飲み物を取るとその奥には “ある人物” がいて、こっちをじっと見ているんです。そう、このコンビニが異性界への入り口なんですね。あ〜怖い怖い!

加えて、親切な奥さんの惠子はぐいぐい誘惑してくるし、その夫は森の演奏会の指揮者として山中で奇妙な行動をしているし、この人たちなんなの!?

【主人公と一緒に奇妙な体験】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル