top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あざといミューズ・休井美郷が教える「平日コーデであざとさを持つコツ」

マイナビウーマン

×

すっきりした小顔に華奢なボディライン、思わず触れたくなるツヤ肌。女子が憧れる要素を全部持っていると言っても過言ではない、令和のあざといミューズ・休井美郷さん。TikTokに私服コーデをあげるだけでバズっていた彼女が8月、自身のブランド「qumerry.(キュメリ)」のリリースを決定。

休井ちゃんの「あざとかわいさ」がたっぷり詰まったお洋服は気になるけど、肌の露出やデザイン性などを考えると、あざとかわいいお洋服は着るタイミングが限られちゃうのが困りどころ。そんなお悩みを休井ちゃんにぶつけてみたら、なんとご本人自らが展示会を案内しながら、会社員でも平日に楽しめる「あざといコーデ」のコツを教えてくれることになりました。

■休井美郷がOLさん向けにご案内する「qumerry.」展示会

休井ちゃんの“あざとイズム”がたっぷり詰まった「qumerry.」のお洋服たち。「着るだけで毎日が楽しくなるように」という思いでセレクトされているそうですが、それだけではなく、休井ちゃんの考える「女の子がハッピーでいるため」をリアルに叶えるコツがたくさん詰まっているんだとか。

「たとえば忙しい人でも、ファッションが苦手な人でも、いろいろ考えすぎなくても可愛くなれるように“1枚でもおしゃれになる”ということにこだわりました。何通りか着方を選べるワンピースや、ちょい足しでかわいくなれる小物などをたくさん用意しています。私もお洋服の枚数が増えがちなタイプなので、1枚でも可愛くて、小物で雰囲気が変わる服はコスパが良くて好き(笑)。私自身、自分が欲しくなるものを作るという気持ちも大切にしました」

広告の後にも続きます

あざとかわいいという言葉は年々大きなムーブメントとなっている気もするけど、その言葉を代表する女性たちが美しすぎて「自分には無理かも」と考えてしまう人もいます。でも、そんなふうに自分の好きなお洋服を諦めてほしくないからと、アイテムはひとつひとつ、1枚着るだけでサマになるデザイン性を持っていたり、シンプルでも高見えする素材のものが用意されていたりして、レイヤード力やカラーバランス知識などのコーデ力が問われないものがたくさん。

▲カシュクールティアードワンピ(ネイビー)

ワンピース類はリボンが取り外せたり、ボタンで露出感を調整できたりするものも多く、一工夫で印象が変わるのでシーンに合わせて着こなせそう。シンプルさが求められる平日コーデの時は、ボタンをしめたりリボンを取ったりすればOKです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル