top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

この夏の主役候補、日本文理・田中晴也の短すぎた夏。甲子園での敗戦は「伝説」の序章にすぎない

web Sportiva

×

「試合が終わって本当に悔しい気持ちが一番強いですし、勝てる自信を持って臨んでいたので、こういう結果になって悔しいです」

 試合後、肩・ヒジのメディカルチェックを終え会見場に現れた日本文理(新潟)のエース・田中晴也は、淡々と記者との受け答えに応じた。

 0対11の初戦敗退。「こんなはずではなかった」と嘆いてもおかしくない残酷な結果だったが、鼻から下を白いマスクで覆われた田中から、そのような感情は読みとれず、一見すると穏やかな会見に思えた。

 だが、そのポーカーフェイスの裏側で自分への怒りが沸き立っているのだろう。田中という野球選手は、極度の負けず嫌いだからだ。


海星打線につかまり無念の初戦敗退となった日本文理の田中晴也

6回7失点で無念の初戦敗退

広告の後にも続きます

 田中は最速150キロの快速球やスピードを使い分けるスライダーなど、超高校級のボールを持っている。それなのに、試合中の田中から「もっと速い球を投げたい」「もっとすごい変化球を投げたい」といった野心を感じたことがない。以前、田中に「投手としてもっとも快感を覚える瞬間は?」と聞いた時、こんな答えが返ってきた。

「最後のバッターを打ちとった瞬間です。勝つことに一番の喜びを感じます」

 夏の花火大会で有名な長岡市出身。本人も大の花火好きで、好きな花火の種類を聞いても「黄金色の花火」と勝利を連想させる回答だった。脳天から足の爪先まで勝利への飢餓感で占められている。それが田中晴也なのだ。

 大会直前の有望選手を紹介する記事で、私は田中についてこう書いている。

「今夏の主役になりうる男」

 だが、結果的に田中は主役になれなかった。海星(長崎)との甲子園1回戦で田中は先発登板し、6回を投げ7失点。7回以降は一塁の守備に回ったが、同じく超高校級と評判の打撃も4打数1安打2三振と結果を出せなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル