top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大林素子が切り開いたアスリートの新たなセカンドキャリア。タレント、舞台……今後も「たくさんの夢に向かって全力」

web Sportiva

×

日本女子バレー界のレジェンド
大林素子インタビュー(6)

(連載5:プロ契約を望んだ大林素子と吉原知子に「荷物をまとめて出ていけ」。救ってくれたのは三浦知良からの言葉>>)

 日本女子バレーボール元日本代表で、現在はタレントやスポーツキャスター、日本バレーボール協会の広報委員としても活躍する大林素子さんに、自身のバレー人生を振り返ってもらう短期連載。最終回となる第6回は、イタリアでのプレー後に日本で迎えた現役引退、バレー界にとどまらないセカンドキャリアについて聞いた。


現役引退後、さまざまなジャンルで活躍を続ける大林さん

***

――大林さんはイタリアで日本人初のプロ選手としてプレーしたあと、日本に戻って東洋紡オーキスに入団します。メディアでは「強豪のダイエーアタッカーズに入るのでは」と報じられていましたね。

「当時は、日本のクラブチームに登録していないと、日本代表に選ばれることはありませんでした。だからアトランタ五輪に出場するためには、日本のチームに所属しなくてはならず、帰国を決意したんです。複数のチームからお話をいただきましたが、東洋紡オーキスと契約することにしました。

 日本でもプロとしてプレーさせてくれるチームというのが最優先でしたが、イタリアに渡る前に本当にいろいろな経験をしたので、『次に日本でプレーする時は、本当に自分を必要としてくれるチームに行こう』と決めていて、東洋紡にそれを感じました。2部から1部に上がったばかりの東洋紡は若い選手が多く、『自分の経験してきたものを伝えたい』という思いもありました」

――1996年には3度目のオリンピック、アトランタ五輪に出場。しかし、予選ラウンドで敗退して9位。順位としては低迷してしまいました。

「この時は本当に体が満身創痍でした。試合ごとに痛み止めの注射をして、薬を飲み、テーピング。結果につながらない思いも抱えながら、自分の”今の力”を感じていましたね」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル