top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渋野日向子が吐露した全英女子オープン4日間の心情。「あきらめてやっていた」こともあったが「怒りを力に変えられた」

web Sportiva

×

「率直に言えば、めちゃくちゃ悔しい。でも、最後(の18番)はシビアな状況からパーで上がれた。あの終わり方をしたのはよかった。(序盤に)3パットを連続でして、そのあとにイーグルがあったり、ダボもあったり、いろいろやった一日でしたけど、最近の自分のゴルフの内容を考えたりすると、よく頑張ったなと(自分に)言いたい」

 2019年のAIG全英女子オープンを制した渋野日向子が3年の時を経て、再び同メジャーで躍動した。舞台は世界最古のゴルフクラブ、ミュアフィールド(スコットランド/パー71)。初めて女子大会が開催される歴史的な一戦で、トップと1打差の通算9アンダー、3位でフィニッシュした。


AIG全英女子オープンで3位と奮闘した渋野日向子。photo by Kyodo News

「優勝した3年前? 子どもだったなぁ~と。やっていることが幼稚。な~んにも知らんかったなぁ~と。お菓子食べすぎだし、カメラに向かって食べてるし……あんなん、あり得ない(苦笑)。恥ずかしいです……。

(今も)あの頃の初心に戻って(ゴルフを)楽しみたいという気持ちはあるけど、そこにはきれいに戻ることはできない。やっぱり、(これまでに)やってきたことをしっかり発揮したいというのもあるし。そうしたなかで、心の底から楽しめるようにしたい。

 ただ(今回の舞台は)風もすごいし、む・ず・い(笑)。もうすべて、どのコースも難しい印象。目標? 自分との戦いでもあるし、風との戦いでもある。まあ、割りきってできるかなと思うので、風とまたお友だちになれるようにしたい。調子はいい状態とは言えないけど、歴代の優勝者としていいプレーができればいいと思います」

広告の後にも続きます

 2週前のエビアン選手権、前週のスコットランド女子オープンと、欧州に来てからも2週連続で予選落ちを喫していた渋野。かつての女王とはいえ、そういった自らの現状と、屈指の難コースを前にして慎重な姿勢を崩すことはなかった。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル