top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

特別警報も!局地的な激しい雨に注意!今見ておきたい情報7選

防災ニッポン

×

現在、局地的な大雨への注意・警戒が呼びかけられています。
身の安全を確保するよう最大級の警戒をしてください。
また、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などにも十分に気をつけてください。

今確認しておきたい記事をピックアップしました。役立ててください。

災害時の避難!「避難情報」「警戒レベル」の見方とポイント
災害時の避難は、自治体の避難情報や警戒レベルなどに注意しながら自ら判断して行動するのが基本です。「避難のタイミングがわからない」「どのように避難したらいいのかわからない」などがないよう、気象予報士で防災アドバイザーの筆者が、避難情報や警戒レベルの見方、ポイントを紹介します。

大雨ならキキクル活用を!浸水・土砂災害リスクを色で把握できる
気象庁の情報提供サービス「危険度分布」(愛称・キキクル)についてまとめています。土砂災害、浸水、洪水の発生が予想される場所をリアルタイムで色分けして教えてくれます。スマートフォンでも利用できます。

集中豪雨は時間勝負!見るべき気象情報はこれだ
集中豪雨は短時間で雨が大量に降るため、降り始めから災害の発生まで時間が短くなりやすい特徴があります。いつ巻き込まれるか予測できません。この記事では、集中豪雨に対してどのように備えたらいいのかを紹介しています。

広告の後にも続きます

長靴はNG?水害に役立つのは滑らず、脱げない靴!
住んでいる地域が水害に見舞われて避難しなければならなくなった時、どのような靴を履きますか?浸水した場合、長靴はNGです。最適な靴を具体的に紹介しています。

豪雨時の運転は「冠水」注意!(後編)事前対策と脱出方法!
豪雨のときは道路の冠水がしばしば発生します。自動車の水没が原因とみられる死者も出ています。道路の冠水が予想される場合は運転を控えることが重要です。ただし、運転中に天気が急変することもあります。備えのポイントや水没する恐れがある場合の脱出方法などを具体的に紹介しています。ハンマーを使う場合、どの窓を叩くとよいかなど命を守るために大切な事柄です。

豪雨のとき川がなくても浸水リスク!内水氾濫に気を付けて
都市部や低い土地では、豪雨のとき川がなくても住宅が浸水被害を受ける恐れが高まります。大量の雨水が排水されずに市街地などにたまる「内水氾濫」がおきるためです。ハザードマップなどで自宅に被害の可能性がないか確認し、対策を検討することをオススメします。

知っておこう!土砂災害から身を守るには適時避難
日本の山地は険しい山が続く地形が多く、土砂災害や雪崩などの災害が起こりやすい特徴があります。住まいや職場が山の近くにある場合、どんな災害リスクがあるのか理解して備える必要があります。気象予報士で防災アドバイザーの筆者が、山の近くに住んでいる人が注意すべき災害と備えるポイントを紹介します。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル