top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初代マリオカートを刺繍で再現 ゲーム画面そのままの作品に当時の思い出が甦る

おたくま経済新聞

×

 1992年に発売されたスーパーファミコン用ソフト「スーパーマリオカート」。シリーズの初代作品ながらその高い完成度から、間もなく20年を迎える現在も色あせぬ名作として知られています。

 そんなマリオカートをテーマにした刺繍作品に挑戦したのは、ツイッターユーザー・さきイカさんです。タイトルロゴに加え、ゲームに登場する8人が一堂に会する「キャラクターセレクト」の画面を再現した作品は、プレイしたことがある人であれば誰もが「懐かしい!」と感じるはず。

【元の記事はこちら】

 さきイカさんは過去にも、自身の好きなゲームやアニメをモチーフにした刺繍のファンアート作品を多数制作しており、その制作過程や完成品をツイッターにて公開しています。

 今回、モチーフに選んだ「スーパーマリオカート」も、さきイカさんが大好きなゲームであることに加え、幼少時によく兄と遊んでいたという、思い入れの深い作品。「何か大きな作品を作りたいな」と思案していたところ、思い出のスーパーマリオカートを再現してみようと思い立ち、制作を開始しました。

広告の後にも続きます

 作品を作るうえで、さきイカさんが特にこだわったのはやはりその「再現度」。ゲーム画面をよく見ながら起こした図案を元に、1ドットずつ丁寧に刺繍を行っていきます。

 なんでも、同じカートでもキャラによって色が絶妙に違ったり、タイヤの大きさが違ったりと、ゲーム画面を細かく見ることでの発見も多かったのだとか。まさかそんな違いがあったとは、言われるまで筆者も全く気が付きませんでした。

 また、通常であればキャラクターセレクト画面ではマリオをはじめとするキャラクターたちは横向きに表示されており、使用キャラを決定した際に前を向く仕様ですが、さきイカさんの作品では全キャラクターが前を向いています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル